Entame Plex-エンタメプレックス-

小松菜奈が今後やってみたい役は……dTVオリジナルドラマ『高台家の人々』インタビュー

綾瀬はるかと斎藤工の共演が話題となっている現在公開中の映画『高台家の人々』と連動したオリジナルドラマを映像配信サービス「dTV」が制作。ドラマには、斎藤をはじめ、小松菜奈、間宮祥太朗ら豪華キャストを迎え、土方政人監督を中心に映画制作スタッフも再集結し、映画では描かれない原作の人気ストーリーを映像化している。

本作は、映画の舞台から30年前、まだ若かりし頃の高台家の母・由布子と父・茂正Jr.(マサオ)が結ばれるまでの恋物語を描いた笑えてときにグッとくる胸キュン必至のラブコメディ。そんな本作で、由布子役を演じた小松に連動ドラマについて、いろいろと話を聞いた。

――本作は映画『高台家の人々』の30年前を描いていますが、映画と連動したドラマに出演した感想は?

「私は映画で大地真央さんが演じられている由布子の30年前を演じさせていただいてます。やはり原作がある作品というのはいつもプレッシャーを感じますが、今回はドラマのことだけでなく、映画の世界観も大事にしながら撮影に取り組めたら良いなと思っていました」

――今回、原作のイメージがある中、実際に演じてみていかがでした?

「今回私が演じたのは、映画では描かれない由布子の30年前の設定なので、原作はもちろんですが、映画での由布子のイメージを壊さないかが心配でした。なので、作品を見てくださった方に由布子というキャラクターを分かっていただくために、キャラクターの土台をしっかり作ろうと意識しました。監督は映画とあまりにかけ離れていたら、はっきり違うと言ってくださったり、あまり気にしすぎなくても良いとも言ってくださいました」

――30年前の設定ということで、衣装やセットなどの印象はどうでした?

「今まで30年前の衣装を着たことがなかったので、衣装合わせの時から着てみたい衣装がたくさんありました。特に青と黄色のチェックパンツがお気に入りです。また、元々古着が好きなので、今にない形の上品さがある、ワンピースを着ることができたので嬉しかったです。周りのキャストの方の衣装や髪型だけでなく、セット自体も素敵なインテリアで、今までにないような世界観なので、とても新鮮で楽しかったです」

――役作りで意識したことは?

「映画で由布子役の大地真央さんが人の目を見てはっきりと物事を言うところが印象的だったので、そこは意識して演じるようにしていました。監督からは由布子の幼少期だから、あまり映画を意識しすぎなくて良いと言われましたが、『スポーツが好き』『育ちの良さを表すような仕草』『曲がったことが嫌い』『思ったことは口にする』といった、由布子というキャラクターの土台はブレないように気をつけています」

――演じた由布子に共感できる部分はありますか?

「物事をはっきり言うところや、思い立ったらすぐ行動するところは似ていると思いました。だけど、あまり周りからそう思われていないみたいです。よく『ずっと家にいそう』とか言われます(笑)」

――そんな由布子のキャラクターの特にここを観てほしいというポイントは?

「口調は割と辛口ですが、友達思いな部分や身近に感じられるようなキャラクターというところがポイントです。思ったことをはっきり口に出すところが、演じていても清々しいです。そういった性格を持つ由布子のピュアな青春を是非見ていただきたいです」

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

「撮影初日は北鎌倉での撮影だったんですが、すごく良い天気に恵まれて、出演者やスタッフの皆さんで“気持ちいね~”と言えるような穏やかな空気が流れていました。初日の現場はいつも緊張してしまうんですが、今回の現場は初めてのチームなのに、良い緊張感を保ちながらリラックスすることができ、初日からキャストの方といろいろなお話をしながら、楽しく撮影ができました」

――相手役の間宮祥太朗さんとの掛け合いはどうでしたか?

「私のセリフのテンポが早く、3回くらい連続で間違えてしまったことがあったんですが、間宮さんは私が慌ててしまっても、優しく『焦らなくても大丈夫だよ』と言ってくれました。最初はクールな方だと思っていたんですが、ナチュラルに現場を盛り上げてくれるので、本当に優しい方だなと思いました」

――公開告白をされるシーンがありましたが、実際に小松さんがそういったシチュエーションにあったらどうします?

「そんな状況に出会ったことがないので、なかなか想像しにくいんですが……(笑)。自分も本当に好きだったらOKと答えると思いますが、まだ気持ちの整理がつかない時は、後で返事をすると思います」

――スマートフォンがない時代の恋愛をどう思いましたか?

「そういう時代も良いなと思います。私は生まれた時からスマートフォンがあったので、昔はどういう風にお互いの距離を縮めていたのかは気になりますね。今の時代はメールやSNSで告白する人が多いかと思います。もちろんSNSとかのおかげで、世の中のことを知ることができるので、便利だとは思いますが、しっかり相手の顔を見て、自分の気持ちを伝えることが大事だと思います」

――もしも小松さんが、テレパス(人の心が読める能力)を使えるとしたら、どのように使いたい?

「テレパスって一見便利な能力だと思うんですが、相手の気持ちの全てを分かってしまうのは、状況によっては悪いこともあると思います。特に恋愛に関しては、“相手の気持ちが分からないからこそ楽しい”という事もあると思うので……私は今のままでいいかな(笑)」

――今作もそうですが、小松さんの役の引き出しが多さには毎回驚かされます。

「恥ずかしがらずに出し切って、まずは“振りきる”ことを大事にしています。現場では毎回スタッフさんや監督、演じる役も違うので、最初は戸惑うこともありますが、他の役者さんの演技を見たり、その時に演じる役が全く違うキャラクターだったりすると楽しさも全然違うので、逆に振りきることができます。『渇き。』の時の様なハードな役から、今回のような純粋な役まで幅広い役をいただける事は本当に有難いですし、またこういう役をやってみたいと思えるので、今は女優というお仕事がとても楽しいです」

――今後やってみたい役はありますか?

「“一見地味に見えるが、実はすごい殺人鬼だった”という、果てしなく暗い役をやってみたいです(笑)。もちろん、今回の由布子の様な明るい役もやっていて楽しいんですが、暗い役は精神的にも刺激があるので、どう演じるかを考えるのも楽しいです」

――最後に、作品の見どころをお願いします。

「ドラマは、高台家の父母である由布子と、茂正(通称マサオ)の恋愛物語です。映画では、テレパスという人の心が読める特殊な能力が出てくるんですが、ドラマは、テレパスがなくても、純粋に『好き』という気持ちを大事にしていこうというメッセージが見どころだと思います。あと、王道のラブストーリーだと思っていたんですが、実際に演じてみると、マサオのバカ正直さ(笑)が凄く面白くて。でも、ただ面白いだけじゃなくて、好きな人に対する純粋さにも注目していただければと思います」

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」は、dTVで独占配信中!

© 2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV

<関連サイト>
柳楽優弥「食われたら俳優辞める!」強い覚悟で挑んだ衝撃作を語る
http://www.entameplex.com/archives/29221

前田敦子、ランジェリー姿で通天閣を闊歩!? ラブホで……、キャバレーで……刺激的な最新MVが公開
http://www.entameplex.com/archives/29634

キアヌ・リーブス、アナとの共演再び! 映画『エクスポーズ 暗闇の迷宮』予告編が到着
http://www.entameplex.com/archives/29663