Entame Plex-エンタメプレックス-

【猛暑】高温になった車内温度を最も早く下げる方法とは?

関東の梅雨明けももう間もなくと、夏本番はすぐそこまでやってきています。
猛暑日に駐車しておいた車のドアを開けて乗り込んでみたら、あまりの車内温度の熱気にビックリ! なんて経験は1度や2度じゃないはず。

そんなときにちょっぴり役に立ちそうな情報を発見! 高温になった車内温度を早く下げるにはどうしたら良いのかを検証した結果を、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)がホームページにて公開しています。

今回公開されているテスト結果は、夏の駐車後は車内が暑くてしばらく車に乗れないことが多いことから、その温度を下げる最も良い方法を検証したものです。この検証では、同じ車を5台用意して、車内温度が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度を下げるテストをし、その温度変化の測定を行ったものなんだそうです。(※温度計測器は、運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置)

そのテスト方法がこちら。

■01.ドア開閉
■02.冷却スプレー
■03.エアコン外気導入
■04.エアコン内気循環
■05.エアコン+走行

テストでは、エアコンを使わない「ドア開閉(5回)」で47.5℃、「冷却スプレー」で3分後に50.1℃に低下しました。そして、エアコンを使用した3パターンのうち最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」で10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下しました(55℃から約半分の温度)。

検証の結果から見ると、「エアコン+走行」が最も早く車内温度を下げることができ、方法としては、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが最も効率的であることがわかりました。

なお、車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していて、あまり温度が下がっていないことや、チャイルドシートの表面やベルトの金具で、やけどを負う事例もあるので、十分に注意しましょう。

<関連サイト>
ビーチでヌードになったことがある経験は? 世界各国の男女にアンケート
http://www.entameplex.com/archives/30377

TAKAHIRO、登坂広臣の兄役に斎藤工! 「HiGH&LOW THE RED RAIN」今秋公開決定
http://www.entameplex.com/archives/30465

氷室京介の最後の勇姿を見よ!“LAST GIGS”ファイナルステージの模様がWOWOWでオンエア
http://www.entameplex.com/archives/30450