Entame Plex-エンタメプレックス-

ユニコーン、映画『お父さんと伊藤さん』のエンディングテーマを担当! 予告編映像が解禁


2009年に再結成した奥田民生擁するユニコーンが、10月8日公開の映画『お父さんと伊藤さん』のエンディングテーマに楽曲提供することが決定! このたびその楽曲「マイホーム」が使用された映画の予告編映像が解禁になりました。

この映画は監督にタナダユキ、そして主演には上野樹里を迎え、その他リリー・フランキー、藤竜也らが出演。上野演じる主人公:彩と20歳も年上の彼氏:伊藤さん(リリー・フランキー)が暮らすアパートに頑固ながらも愛くるしい一面を持つお父さん(藤竜也)がやってきて、恋人2人の穏やかな生活が一変。しかし、いろいろと問題が起きつつも徐々に家族のようになってきたところに、とある事件が起きてまたまた大変なことに……。キレイごとだけでは済まされない家族の関係をしっかりと描き、お父さんが2人のもとにやってきた本当の理由が明らかになると思わず涙がこぼれるハートフルなストーリーになっています。

そんな今作のエンディングを飾るユニコーンは、タナダユキ監督自身「中学生の頃から大ファンだった」ようで、このコラボによせて監督は「これは主人公の彩の顔で終わる映画になるだろうということは最初から思っていて、その時に女の人の声で彩の背中を押すのはちょっと違うかな、今作に関しては、いい感じに嫌な感じになるなと(笑)と感じていました。伊藤さんくらいの世代のアーティストの方の声で、どこか遠くで見守っている感じの曲がいいんじゃないかな、と。ままならない人たちをままならないまま受け止めてくれる、でも優しいだけじゃない目線のある曲だと思います。中学生の頃からユニコーンの大ファンだったので、今でも信じられず、とても幸せです」とコメント。

また、ユニコーンのメンバーも今作について様々なメッセージを寄せており、手島いさむは理想のマイホームについて「仲良く暮らせるのが一番いいと思います。僕は家の中に川を流したい!(笑)キレイな飲める水がある、自然があるところがいいですね」と話し、EBIは映画について「両親が仕事を引退して、今まで考えなくてもよかったことを考えさせられる今日この頃なんですが、家族の在り方というものを考えさせられるいい映画でした」とコメント。
また、川西幸一は今作の出演者に向け「リリー・フランキーさんが出演している映画はすごくスペクタクルな映画ではないと思うのですが、普通の人が持っている感情をすごくうまく表現してくれているのではと思います。藤さん、僕の小さなころからのファンなので、すごくカッコいいオトナというイメージですね」と語り、奥田民生はファンに向けて「ツアーでも歌うので、是非そちらにも足を運んでいただけると嬉しいなと思います」とメッセージ。

なお、「マイホーム」は8月10日に発売のユニコーン約2年5カ月ぶりのアルバム「ゅ 13-14」に収録。
また、映画『お父さんと伊藤さん』は10月8日(土)より新宿バルト9他全国ロードショー。

©中澤日菜子・講談社/2016映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会

<関連サイト>
八代亜紀、どうなる真夏のロックフェス!? 開催直前インタビュー
http://www.entameplex.com/archives/30508

『帰れま10』6時間34分に及ぶ激闘! タカ「ガチでやっていることが伝わって良かった」
http://www.entameplex.com/archives/30479

【猛暑】高温になった車内温度を最も早く下げる方法とは?
http://www.entameplex.com/archives/30470