Entame Plex-エンタメプレックス-

【猛暑の味方】エアコンの上手な使い方、日中は○○分以上外出するならOFFが得


夏真っ盛り。暑い日が続き、もはやエアコンなしでは暮らせない今日このごろ。とはいえ、エアコンをずっと使うにも電気代がバカにならないわけで……。つけっぱなしの方が電気代が安いという説もあるが実際のところどうなのか。
ちなみに、夏場のエアコン利用に関して100名の方にアンケートを行ったところ、67%が「つけっぱなしの方が電気代が安いと思う」と回答しつつも、実際にエアコンをつけっぱなしにして外出しているという人は53%とエアコンのつけっぱなしには抵抗があるのも事実。
そこで、このたびダイキン工業株式会社の「ダイキン 空気のお悩み調査隊」が大阪市内のほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って実際にエアコンを「つけっぱなし」、「こまめにON/OFF」で運転し、検証。その結果が発表された。

今回は2つの実験が行われ、まずひとつは9時から23時までつけっぱなしにしたエアコンと、30分間隔で運転ON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較。その結果は、なんと日中9時~18時はつけっぱなしにする方が消費電力量は少なくなるという結果に。これは設定温度と外気温の温度差が大きくなり、こまめにON/OFFしたときの起動時の消費電力量が大きくなったと推察。一方で18時以降は外気温も低下し、こまめにON/OFFした方が電気代は安いとか。
エアコンの消費電力は外気温の変化や陽射しなど天候の影響を大きく受けるため条件次第で変わるが、基本的に運転を開始した直後の消費電力が大きく、設定温度に到達した後は消費電力が小さくなるとか。ただし、急激な温度上昇があった場合などには、設定温度を維持するために消費電力が上昇することもあり、この様な場合は日中であってもエアコンを「つけっぱなし」にした方が消費電力量が大きくなることもあるという。

もうひとつは、1日の生活スケジュールを想定して9時から23時までつけっぱなしにしたエアコンと外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較。今回は11時~12時の1時間、14時~14時半、16時~16時半の各30分、18時~20時の2時間を外出時間にあてはめて調査したところ、1日の消費電力量は「つけっぱなし」が5.7kWh、「こまめにON/OFF」が4.4kWhで、電力料金単価を27円/kWhとして計算すると「つけっぱなし」が153.9円、「こまめにON/OFF」が118.8円、その差は35.1円となった。この違いの最大の要因は、エアコンの運転をOFFにした外出時間の長さにあると考えられ、外出時間が長くなる場合にはやはりOFFにした方が消費電力量は小さくなるということ。

今回の結果から言えることは、消費電力は環境によって大きく左右されるため、必ずしも「つけっぱなし」にした方が安くなるわけではないということが明らかに。そして、「ダイキン 空気のお悩み調査隊」が提案するエアコン利用法としては

・日中は35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。
・夜は18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。

とか。ぜひみなさんこれを目安につけっぱなしとこまめにON/OFFを使い分け、快適かつリーズナブルなエアコン生活を。

<関連サイト>
【猛暑】高温になった車内温度を最も早く下げる方法とは?
http://www.entameplex.com/archives/30470

猛暑に水大戦勃発!? びしょ濡れ必至の水ぶっかけ祭りがお台場で開催
http://www.entameplex.com/archives/30533

猛暑を吹き飛ばせ! シロイルカから水しぶきのプレゼントも!? シーパラでずぶ濡れイベント実施中
http://www.entameplex.com/archives/31012