Entame Plex-エンタメプレックス-

銀座に期間限定オープン! 新たな美と味に出会える「美・皇潤」の新感覚バーに行ってみた


“低分子化ヒアルロン酸”、“フカヒレコラーゲン”、“燕の巣”の三大美容成分に加えて、新たに“発酵プラセンタ”を配合し、よりパワーアップした美容サプリメント「美・皇潤」。2010年のデビュー以来、シリーズ累計販売数がなんと160万箱以上と、世の女性に愛され続けるその魅力をより直接、しかもおいしく味わえるコンセプトバー「Mixology Beau.Bar」が本日9月2日から銀座に期間限定でオープン!

こちらでは“美に出会う”をテーマに美・皇潤を使ったカクテル、そしてフードが楽しめるようになっているのですが、今回は一足早くオープン前日に行われたオープニングイベントに伺い、その「Mixology Beau.Bar」を体験してきました。

場所は銀座四丁目交差点からすぐにある(アクセス良好!)銀座 B.E.HOUSE | 日比谷Bar。店内は美を追求する美・皇潤だけに、装飾もそのパッケージさながらの美しく煌めきつつも落ち着いた雰囲気で、気軽に食事&お酒が楽しめる要素もたっぷり。

そして肝心のメニューは、カクテルをミクロジスト(果物や野菜、ハーブなどを組み合わせてカクテルを作るスペシャリスト!)の南雲主于三氏、フードをTO:RIの愛甲真希氏がそれぞれ3品ずつプロデュースしているのですが、イベントでは2人が登壇しそのオリジナルメニューについてたっぷりと話してくれました。

今回、南雲氏は美・皇潤のコンセプトに基づきカクテルを考える中で女性に飲んでほしい、そしてお酒だけどもっと飲みたいと思えるものとして“華やかで罪悪感がない”を意識してカクテルを作ったとか。そのメニューはというと……

まずは「表面の美」をテーマにして作られた飲むサラダ感覚のカクテル「Ambitious(アンビシャス)」(¥1,380)。その飲み口はなんともさっぱりしていて爽快でした。

続いて、「内面の美」をテーマに美・皇潤のカラーにあわせ唇を彩る「Rip Dresser (リップドレッサー)」(¥1,480)。こちらはお好みに合わせてココナッツ、カカオ、アサイーのパウダーで味の変化が楽しめるのが嬉しいところ。

そして最後は、「表現する美」をテーマにした愛しい(親しい)人と飲みたい「Cherie Colada(シェリーコラーダ)」(¥1,480)。そのクリーミーでまろやかなテイストはすごく飲みやすく、下にあるマンゴーがまたいいアクセントに。

ちなみに、今回のカクテルは店名にもなっているMixology(ミクロソロジー)カクテル。南雲氏曰く、それは1990年代にロンドンとサンフランシスコで生まれた新しいカクテルの総称とのことで、海外でもセレブを中心に大きな話題に。ぜひその新しい味をここで楽しんでください。

一方フードはというと、キレイになりたいけど食べたい、女性の欲張りな部分を意識し、低カロリー、低脂肪、そして美容にいいものを使って愛甲氏が考案。

1つ目は低脂肪、高タンパク、さらには筋力の耐久をアップさせたり、老化を防止したりする成分バレリンがたっぷりの鯨肉を美・皇潤カラーに仕上げた「鯨肉のタルタル」(¥1,100)。

次に、酵素をしっかり取り入れることを意識した新鮮野菜を美・皇潤を使ったヘルシーディップで味わえる「新鮮野菜畑」(¥1,300)。

3つ目はやっぱりお肉が食べたいという人にぴったり。セロトニン(幸せホルモン)が多く含まれた牛肉のメインで幸せに。しかも、野菜には美・皇潤が使われ美容効果も欠かさない「牛もも肉のステーキ ビーツマッシュクリーム添え」(¥1,800)。

どれも見た目が美しく、もちろん美味しさも抜群。美・皇潤だけでもキレイになれるのに、それをカクテルやフードにしてしまうなんてなんとも贅沢。
イベントにはメディア関係者やブロガーなどが集まっていましたが、みなその美しさにうっとり、そして実際に食べてみるとその美味しさにみんな笑顔になっていたのが印象的でした。

また、イベント中には南雲氏が実際にカクテルをシェイカーを使って作り、お客さんを楽しませていましたが、そんな彼に現場でちょっと話を聞いてみました。
美・皇潤を使ったカクテルは、その味のバランスをとるのが難しかったそうですが、例えば自宅で楽しむならどうすればいいか聞いてみると……
「カモミールやエルダーフラワーのハーブティーなどに甘みの代わりにちょっと入れたりするのもいいと思います。カクテルで使うには、マリブミルクなどミルクで割ったものとの相性がいいですね。甘めのものにノリがいいと思いますし。一方で甘くないものに甘みとして入れるのも考え方としてはいいかなと思います」
とのこと。

また、今回のメニューについては……
「やはり味のバランスと美・皇潤というブランドのコンセプトは意識しました。また、美に出会い、新しい味に出会ってほしいという思いがあったので、そのための組み合わせ方、そしてみなさんがまだカクテルとしては飲んだことのない味をどう作るか、かつそこに美・皇潤を交えるということを整合性をあわせ、どうストーリーを繋げていくか、それがなかなか大変でしたね」
最後に、「Mixology Beau.Bar」で楽しむことができる3つのカクテルはどれも味はもちろんのこと、見た目の美しさも素敵ですが、そのあたりは……
「カクテルデザインはカクテル考案と同じぐらい時間をかけて行っています。そして、ネーミングからデザイン、テイスト、グラスウェアまで一貫して考えています。いつもそうしてカクテルを作っているんですが、今回も自分のやり方で作り、なおかついいものができたと思っています」
と笑顔で話してくれました。
ちなみにグラスウェアという部分では、「Ambitious」で使われている丸いデキャンタ:ポートホールは、まだ日本ではあまり使われていないもので、そもそも潜水艦や船の窓を意味していて、そこから海の世界を見ることをコンセプトに、カクテルの中を見るというイメージでアメリカで作られた特殊なものだとか。見た目の美しさまでこだわる「Mixology Beau.Bar」、さすがです。

この「Mixology Beau.Bar」は、銀座 B.E.HOUSE | 日比谷Barにて9月2日(金)から30日(金)まで期間限定で展開中。そして、10月6日(木)からは大阪・梅田のThe Cosmopolitanでもオープン(11月5日(土))まで。新たな美に出会うべく、ぜひお店へ!

<関連サイト>
身体の内側から美しく! 美容成分豊富なメニューがズラリと並ぶ『美・皇潤』タイアップBARが期間限定オープン
http://www.entameplex.com/archives/31334

『美・皇潤』商品ページ
https://www.everlifegroup.jp/products/bekojun/#voice