Entame Plex-エンタメプレックス-

比嘉愛未、米大統領選でも活躍の職業:スピーチライター役を熱演!


2017年1月14日(土)よりスタートする「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」のポスタービジュアルが公開された。

本作は、“言葉が持つ力”に焦点を当て、“スピーチライター”という職業を軸に、言葉の限りない可能性を描いた職業ヒューマンドラマ。原作は、30万部を突破した原田マハのベストセラー小説「本日は、お日柄もよく」(徳間文庫)。夢や目標もなかった普通のOLがスピーチライターの紡ぐ“言葉の力”に魅了され、新たな人生を選択し成長していく姿を描く。

今回解禁となったポスタービジュアルは、“【職業:スピーチライター】言葉は、お金や権力よりも強い”という力強いキャッチコピーに加え、主演の比嘉愛未演じる二ノ宮こと葉が、スピーチ原稿を読み上げる“演説者”の姿を連想させるという特徴的なデザインとなっている。歴史に残る名スピーチで世界中の人々の心を掴んだ、バラク・オバマアメリカ合衆国第44代大統領の「Yes, We Can」というスローガンを考えたのは、なんと当時28歳のスピーチライターと言われており、裏方に徹しながらも世界では表舞台にその名が知れ渡るほど有名な職業。しかしながら、日本の政治界にもその存在が囁かれながらも、国内ではあまり知られていないのが実情。単に代筆するのではなく相手の心に寄り添う、そして本来なら到底“言葉にすることのできない思い”を、その人の持つ魂の叫びを“スピーチ原稿”という“カタチ”にする。そんな素晴らしい職業“スピーチライター”をテーマにした本作は、“秀麗皎潔”なフレーズや言葉、セリフで溢れた作品となっている。

■ストーリー
老舗製菓会社の総務部で働く二ノ宮こと葉(比嘉)は、突然広報への異動を命じられ困惑。さらに、ひそかに想いを寄せていた幼なじみ・今川厚志(渡辺大)から別の女性と結婚すると伝えられ落ち込む。傷心のまま厚志の結婚式に出席したこと葉だったが、伝説のスピーチライター・久遠久美(長谷川京子)の祝辞に心を揺さぶられる。一方、会社の一大プロジェクトのメンバーに抜擢され、社長のスピーチ原稿を書くことになったこと葉だが、コピーライター・和田日間足(速水もこみち)の抜群のトーク力に完敗。一念発起したこと葉は、久美の事務所に押し掛け、久美の“弟子”として働くことに。そんなある日、久美の事務所に大物政治家の姿があった。スピーチライターとして新しい一歩を踏み出したこと葉は、思いも寄らない人物のスピーチ原稿を担当することになり…。こと葉の綴る言葉が語られたとき、人々の心を動かすことはできるのか?

土曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」は、2017年1月14日(土)よりWOWOWプライムにて放送スタート!(全4話/毎週土曜よる10時 ※第1話無料放送)

<関連サイト>
比嘉愛未×ミムラ×佐々木希、豪華3ショットインタビュー! ディープな3姉妹を演じた映画『カノン』を語る
http://www.entameplex.com/archives/32007

野村周平インタビュー! 衝撃作『ミュージアム』に手応え“勇気を持って観てほしい”
http://www.entameplex.com/archives/32797

ピコ太郎、台湾初訪問で空港が一時パニックに!
http://www.entameplex.com/archives/32820