Entame Plex-エンタメプレックス-

手島優の衝撃の過去に共演者&スタジオ凍り付く!


無料で楽しめるインターネットテレビ局:AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて、1月23日から新レギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』がスタート。その初回放送では、ゲスト出演したハリセンボンの箕輪はるかと手島優が衝撃の過去を告白。

おぎやはぎがMCを務めるこの番組は、スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何なのかを討論していくレギュラー番組。その初回放送ではハリセンボンの箕輪はるかと手島優をゲストに迎え、「こんな人はだいだいブスだ!~電車編~」や「ブスの部屋はこうだ!」をテーマに自称ブスたちが様々なブスエピソードが赤裸々に披露。

おぎやはぎの小木から「初回のゲストにふさわしい」と紹介された箕輪は「生え抜きのブスみたいで、嬉しくないですよ!」と反論していたが、この日の話題は学生時代に付けられた「ピロティ」というあだ名について。なぜそのあだ名が付いたかと言えば「休み時間に一人でピロティと呼ばれている学校の広場にいたんですね。そしたらだんだん男子に『あいつもピロティの一部なんじゃないか』って言われて」と箕輪が告白。これにはおぎやはぎの矢作さんも思わず「いいあだ名だと思うよ」とフォローする一幕も。

一方、手島はかつて彼氏から貰った噛んだガムを自宅に保管していたことを告白。「貰ったものは捨てられないじゃないですか。それを宝箱に入れていました」と話すとスタジオ騒然。さらには、小木から過去に好きな男の部屋が見える部屋に住んでいたことを暴露されると、手島は「見える部屋って良くないですか? もしかしたらあの家からここに来るかもしれないって想像して部屋を綺麗にできる。ブスにオススメの掃除法です」と反論するも誰からの同意も得られず、再びスタジオを凍り付かせていた。

次週1月30日(月)の放送では、引き続き箕輪をゲストに迎え、さらには昨年オーストラリアにて挙式をしたお笑い芸人・キンタロー。が登場するとのこと。

© AbemaTV

<関連サイト>
小島瑠璃子、大荒れの芸能ゴシップへの恐れ告白
http://www.entameplex.com/archives/34287

ウーマン村本、“炎上”について持論を展開
http://www.entameplex.com/archives/34284

矢口真里、生ハムと焼うどん“仲直り”を買って出る!?
http://www.entameplex.com/archives/34177