Entame Plex-エンタメプレックス-

GLAY・TAKURO「ゆうばり映画祭」応援コメント動画到着!


いよいよ3月2日(木)より開幕する映画ファン待望の祭典「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」。今年は、財政再生計画の全面見直しを進める夕張市が、前向きに「挑戦するまち」の姿を象徴するために作成した「夕張市まちづくりコンセプト映像」が今期映画祭のオープニングセレモニーでお披露目となる。

その映像のBGMに使用されるのは、北海道出身の国民的ロックバンド:GLAYの代表曲「BELOVED」。昨年12月、夕張市で実施されたGLAYのリーダーTAKUROのソロアルバム発売イベントにて、鈴木直道夕張市長が飛び入り参加し「BELOVED」のBGM使用を直談判。TAKUROの承諾を得て、楽曲を使用することが決定した。

常日頃“北海道愛”を体現していることでも知られるGLAYは、かねてより夕張市や「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」を応援し、映画祭を影から支えるサポーターズクラブにも積極的に支援。今もなお、世代を超えて愛されている代表曲「BELOVED」の楽曲提供で夕張市をバックアップし、“夕張愛”の強さも垣間見せ、その映像で今年の映画祭に華を添える。

今回はそんなGLAYを代表し、TAKUROさんからスペシャルメッセージが到着!
自身の楽曲が夕張市を象徴するコンセプト映像のBGMに決まったことについて、「GLAYのメンバー一同嬉しく思っている」とその喜びを語っている。ひと足早く鑑賞したというコンセプト映像については、今の夕張や日本全体が必要としている力強さが描かれているとして、「実際に僕らも見て励まされたし、明日を生きる勇気を感じた」とその出来を絶賛。前を向いて生きていこうというポジティブなメッセージが、「BELOVED」と共に広く伝わることを願った。最後は「もっと夕張が元気になるように、今後とも一緒に歩いて行きましょう」とファンたちへのメッセージで応援コメントを締めくくっている。

「BELOVED」をBGMにしたこの「夕張市まちづくりコンセプト映像」は、3月2日(木)に本映画祭のオープニングセレモニー内で披露されることが決定しているが、このたび、それに先立ちティザー版が解禁となった。さらに、映画祭2日目の3月3日(金)には、TAKURO初のソロアルバム「Journey without a map」CD+DVD盤のDVDに収録されているドキュメンタリー映像『Journey without a map』ドキュメンタリーフィルムの特別上映も緊急決定した。

<関連サイト>
大川藍「私はこっち(胸)で勝負します!」
http://www.entameplex.com/archives/35001

橋本奈々未がセンターを断った理由
http://www.entameplex.com/archives/34974

秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演
http://www.entameplex.com/archives/34858