Entame Plex-エンタメプレックス-

三上博史が暴君に!? WOWOW「連続ドラマW」新作放送決定


WOWOWのドラマシリーズ「連続ドラマW」。その最新作「連続ドラマW 社長室の冬—巨大新聞社を獲る男-」が三上博史主演で4月30日(日)より放送されることが発表となった。

原作は小説家:堂場瞬一による「警察回りの夏」、「蛮政の秋」に続く“メディア三部作”完結編「社長室の冬」。今作は日本最大の新聞社の身売りを巡るなかでメディアのあり方を問う本格社会派ドラマとなっている。
主人公となる新聞社を狙う外資系企業の日本法人社長・青井聡太役には、「連続ドラマW」約2年振りの出演となる三上博史。前回は「下町ロケット」で夢を追いかける中小企業の社長を演じた彼が今回はまるでドナルド・トランプ大統領を彷彿とさせるような暴君を演じる。

この役柄に対して三上は「青井はニュースのあり方というものについて、WEB社会である世相を上手く取り入れたプロフェッショナルといえます。外資系企業の日本法人社長という役柄で、トランプ大統領のようにメディアと真っ向から向き合い、対峙しときの憤りですらもたくましく利用する人物像に近いのかもしれません。僕としては道徳や倫理的なことを考えてしまい、悩ましく思う部分はありますが、自分がどうやって生業を立てているのかということに立ち返ると、青井やトランプ大統領のような、ブレない信念やビジョンを持っているたくましさは見習わなきゃいけないのかもしれないと、今回の役を通して考えさせられました。ただ、僕も演じることに対しての“執念”という熱量では青井に負けていないと思いますので、そういった部分を演技で存分に発揮できればと思います。ただ、たまにこだわり過ぎて“悪魔”って言われることもありますが(笑)」とコメント。
さらには、視聴者に向け「表現者としてこんなにものびのび演技させていただけるWOWOWで、今回また演じられることがとても楽しみです。また、今後発表になりますが、制作陣の皆さんが一所懸命工夫を凝らしてくださって、物語に命を吹き込む素晴らしいキャスティングが実現しました。僕自身もワクワクしているという気持ちを、視聴者の皆様にも作品を通してお伝えできたらと思います」とメッセージを寄せている。

「連続ドラマW 社長室の冬—巨大新聞社を獲る男-」は、4月30日(日)より毎週日曜夜10時よりオンエア。全5話の放送となっている。

<関連サイト>
セカオワ、対バン募集! 記念イベントを6月に開催
http://www.entameplex.com/archives/35208

ダレノガレ明美、極楽とんぼ・山本に暴言 「くさい」
http://www.entameplex.com/archives/35205

X JAPAN、英ウェンブリー・アリーナ公演を生中継!
http://www.entameplex.com/archives/35172