Entame Plex-エンタメプレックス-

BREAKERZ、Trignalとの対バンライブで朗読劇を披露


2017年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが20日、東京・Zepp DiverCityで「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」第5戦となる3ピースユニット:Trignalとの対バンライブを開催した。

1月21日より始まったこの対バンバトルも早や今回で第5戦目、GRANRODEO、SKY-HI、シド、MY FIRST STORYに続いて今宵登場したのはTrignal。

彼らは、人気男性声優による音楽をはじめとしたエンターテインメント・レーベル「Kiramune(キラミューン)」に所属する、江口拓也、木村良平、代永翼の3人からなるユニット。個々のイメージカラー、黄(江口)、赤(木村)、青(代永)のジャケットをまとってキラキラの笑顔をたずさえてステージに登場すると、Trignal流応援歌「転生純愛ファイター」で華やかに幕開けした。

表情豊かな3人のヴォーカルと、キャッチーに駆け抜けていく爽快なサウンドに引き込まれ、場内はあっという間に熱気を帯びていった。続いてダンサー4人も加わり、どっしりとタイトなドラムに軽快なギターが心地よいハイパー・チューン「Win-possible!」。健全でてらいのないメッセージソングが、ポジティブ・バイブを会場の隅々にまで起こしていく。そのほとばしるエネルギーに、Trignalのファンはもちろん、BREAKERZのツアーTシャツを着たオーディエンス達も序盤からハイテンションでステージを盛り上げていく。

2曲目が終わったところでMC。今回のこの異色のバトルが実現した経緯は、アニメ「LOVE STAGE!!」の声優での共演がきっかけだったことの説明、さらにBREAKERZ10周年にちなんで、DAIGO独特の略語“DAI語”でメンバー3人ぞれぞれの10年前を振り返ってくれた。

巧みなトークによりさらにボルテージが上がったところで、“次の曲はカメラで遊びながら歌いたいと思います!”といって「PANORAMA SODA」を披露。瑞々しいメロディーと歌詞、カラフルなサウンドが魅力の彼らにぴったりなサマーソングだ。3人が交代でカメラを片手に客席やメンバーを撮影しながら歌うと、オーディエンスは頭上に両手を精一杯上げてハートマークを作ったり、手を振ったりしてカメラに大きくアピール!

元々ラジオがきっかけで結成することになったTrignalにとっても今年はCDデビューから5周年のアニバーサリーイヤーということだが、こうしてステージを見ていると、MCでも歌のパフォーマンスでも、常にメンバー3人が底抜けに仲が良いことが滲み出ているのを感じる。それによって生み出される圧倒的にピースフルな空気感……それこそが多くのファンに彼らが愛される最大の理由なのかもしれない。

続いて披露されたのは昨年12月にリリースされた最新シングル「Update A Day」。ブラックにゴールドがあしらわれたジャケットに着替え、それまでのポップな色彩から一転、3人の歌い分けや、江口のラップ、ダンサーとの息の合ったダンスも見所のクールなナンバーで、快楽を客席と共有していった。その勢いのままラストは緻密なサウンドプロダクションで高揚を誘う「Kiss Plus」。“一緒にジャンプしてくれ~”の煽りに会場は大揺れ! 細胞の隅々にまで幸せが行き渡る、心の栄養剤のようなステージで彼ららしさを爆発させ、BREAKERZへとバトンを渡した。

ステージ場にバンド・セットが組まれると、いよいよBREAKERZの出番。右手で高々と天を指し、“いくぞ~!”とDAIGOの雄叫びで勢いよくスタート! BREAKERZにとっては、この「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」のステージは5公演目。“TG=とにかくガンガン行こうぜ!!”とDAI語で表現した今回も、これまでの4戦とは異なるセットリストで挑み、Trignalファンも多く集まっていることもあり、アニメのタイアップ曲を多くラインナップ。

また、途中のMCでは、先程本家・Trignalも歌った「PANORAMA SODA」が1コーラス披露されると、こちらも会場を大いに沸かせた。

BREAKERZの熱いステージの後、アンコールでは両者揃ってのコラボレーションコーナーが今宵も用意されていた。

なんと今回は、ゲストが声優のTrignalということで、一夜限りのプレミアムな朗読劇が披露されることに! このサプライズに ファン達は歓喜。声優未体験のAKIHIDEとSHINPEIも“緊張します!”と言いつつもノリノリで、とてもハイクオリティーな朗読劇で楽しませてくれた。

そして最後はBREAKERZのナンバー「CLIMBER×CLIMBER」をセッションし、第5戦は惜しみない歓声と拍手が降り注ぐ中、フィナーレを迎えた。

Photo by MASA、矢部志保

<関連サイト>
キンタロー。、ウェディングドレス着てもブスはブス!?
http://www.entameplex.com/archives/35512

セーラー5戦士が登場! 今秋、再び新作公演も
http://www.entameplex.com/archives/35537

岡田結実、17歳の誕生日にイベント開催決定!
http://www.entameplex.com/archives/35549