Entame Plex-エンタメプレックス-

塚本高史「(山田)孝之のヒゲには負けますね(笑)」


9月23日、AbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで『GACKT完全プロデュース!ヘッズアップポーカー“タイマン”』が放送された。

同番組は、数多くのポーカーの大会に出場し、世界大会で入賞するほどの実力を持つミュージシャン・GACKTが完全プロデュースする「AbemaTV」発のポーカー特別番組。

GACKTがオーナーを務め、ゲストとして登場するプレイヤーがテキサスホールデムポーカーを一対一の“タイマン”で勝負した。

今回ゲストとして登場したのは、俳優・山田孝之と、山田に因縁があるという俳優・塚本高史。さらに、ミュージシャン代表として、5人組ガールズロックバンド・BAND-MAIDのギター・ボーカルを務める小鳩ミクも参戦した。

塚本が「どうしても倒したいやつがいる。そしてGACKTさんにタイマンの見届人になってほしい」とGACKTに相談し実現した、今回の“タイマン”勝負。

“ポーカーフェイス”という言葉が有名なように、ポーカーではカードを引く運だけではなく、相手に自分のカードが良いのか悪いのか悟られないように演技することもテクニックとして求められるマインドスポーツ。

塚本は、「芝居にそんなに勝者敗者はないけども、テキサスホールデムポーカーでの演技で敵を倒すことで、役者としての勝者敗者がわかるんじゃないのかな。山田孝之、待ってろよ!」と山田に宣戦布告。

それを聞いた山田は「なんで怒ってんのかわかんないですけど、なんかライバル視されていますね。年齢も近いってのもあるんじゃないですかね。役者で上か下かは難しいですけど、表現者としては僕のほうが上なんじゃないですか」と強気な様子を見せ、勝負を受けた。

塚本は、同番組に出演したことに関して、「今回のテキサスホールデムポーカーは初めてで、今まで知っていたポーカーとは全く違うルールでした。人間と人間の駆け引きが面白かったです」と語り、同じ俳優としてライバル視をしていたという山田との“因縁対決”を終え、ポーカー対決での山田の“表現力”に関して、「もちろん凄いと思いますね。色々な表情を見せてくれるし、振り幅の凄い方ですよね。俳優としては負けられないですけど、(山田)孝之のヒゲには負けますね(笑)」と振り返っていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか”
http://www.entameplex.com/archives/39084

ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
http://www.entameplex.com/archives/39073

“カトパン似”ポッチャリ芸人のダイエット企画が始動!
http://www.entameplex.com/archives/39021