Entame Plex-エンタメプレックス-

『ビリギャル』小林さやかが合格テクを伝授


10月28日、AbemaTVで『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線〜学歴リベンジ〜』が放送された。
同番組は、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が唯一のコンプレックスだと話す“これまでの人生で一度も勉強をしてこなかったこと”を克服すべく、たった100日で憧れであった青山学院大学に合格することを目指すリアルドキュメンタリー番組。

この日は『不可能を可能に!人生変えちゃうSP』と題し、映画『ビリギャル』のモデルになった小林さやか、タレント・武井壮、セクシービデオ監督・村西とおるの3人が特別講師として登場し“不可能を可能に変えた”逆転ストーリーやテクニックを伝授した。

番組冒頭では、田村の妻・香那が田村の受験生活の様子を番組スタッフに報告したLINEメッセージを、『香那の日記』として紹介。メッセージには、1番身近で支える妻から見た田村の日々の様子が綴られており、「以前はほとんどの日が深夜までお仕事だったため、朝方に寝ることが多かったのですが、朝から勉強をするために早起きするようになりました!」と、生活習慣の変化も報告されていた。

さらに妻のメッセージの中に「移動時間など少しの時間でも勉強に当てる生活の中で、積極的に娘のお世話をしてくれて本当に尊敬します」との言葉を見た田村は、「パッと食べられてすぐ勉強に戻れるような、おいしいご飯を作ってもらっています」と、妻から支えられていることを明かし、感謝の気持ちを語った。

1人目の特別講師として登場したのは、たった1年で偏差値を約40上げ、現役で慶応義塾大学に合格した小林。実体験から学んだ“大逆転”受験成功の秘訣として、“ビリギャル流 不可能を可能に変える5つのコツ”を伝授した。

1つ目の“ワクワクする目標設定”に続き、“根拠のない自信を持つ”ことが大事だと聞いた田村は、自身のTwitterに寄せられる「絶対行けねーよ」「無理だよ」というコメントを見る度に、「いやいや、行けるから」「何言ってるのこの人たち」と思うと明かし、「全く根拠はないです。ただ、『行けそうな気がする』だけです」と、“根拠のない自信”をすでに持っていると話した。

さらに、“具体的な計画を立てる”“志望大学を公言する”“憎しみの力をやる気に変える”ことを説いた小林に、田村は「すごく良い話。説得力が違う!」と感心し、「頑張るしかないな!」と自身を奮い立たせながら、「やんやん言わないで応援してください。温かい言葉をください!」と視聴者に呼びかけた。

2人目の特別講師には、陸上競技・十種競技元日本チャンピオンの武井が登場し、自身の経験談を交えながら“自分の最大の武器を使え”と力説。さらに「淳さんは喋りが上手いから、舌が脳みそなんです」と話し、「文章を読んで、それを覚えようとしたらダメ」「(勉強した内容を)淳さんっぽい喋り方で、それを変換して、喋れるように覚えてください」「普段のバラエティ番組でのトークのように。自分のオリジナルのトークに変換するんです」と教えた。

続いて3人目の特別講師として、“セクシービデオ界のパイオニア”と称され、年商100億円を稼ぎ出した後に、事業失敗により50億円の負債を負い、約20年の歳月をかけて完済したという、波乱万丈な人生を経験した村西が登場。上半身はスーツ、下半身は白のブリーフ1枚という、“村西さん流の正装”で登場し、“どん底から這い上がるメンタリティ”の作り方を田村に伝授。村西は「どうしても不可能を可能にするならば、何としてもやり遂げないと命が危ない人間が出てくるという状況を作るべき」と教え、田村が受験に失敗した場合に“田村の愛しい人が村西さんのそばに置かれる状況”を提案。田村は思わず「絶対にいやだー!!」と大絶叫していた。

©AbemaTV

<関連サイト>
朝日奈央、フット岩尾の発言に「本当に気持ちが悪い!」
http://www.entameplex.com/archives/39702

グラドルがセクシー水着生着替えで元カレに悩殺リベンジ
http://www.entameplex.com/archives/39584

加藤浩次「キャバクラのママはちょっとブスがいい」
http://www.entameplex.com/archives/39710