Entame Plex-エンタメプレックス-

指原莉乃が本音を激白「(ライブよりも)コスパいい」


10月31日、AbemaTVで『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。同番組は、タレントの指原莉乃と、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した、普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく女性のための恋の教科書番組。

この日はセクシー男優の月野帯人、モデルの山ノ内ジャン、川崎貴成、ベーシストのITARU、パリピ芸人のタッツィー、大学生の篠原祐太など、個性的なメンバー総勢10名のサイテー男が出演した。

最初のトークテーマ「ハロウィンの思い出」では、サイテー男たちの思い出を「写真」で披露。「ゴキブリになりきって果ててしまった」、「ウォーリーの仮装で彼女と出かけて、他のウォーリーの女の子としてしまった」「イケメン過ぎるので、完全に顔を隠した仮装」など、指原も唖然としてしまう衝撃の写真やエピソードが飛び出した。

続いてハロウィンにちなんで「テンション爆上げした瞬間」をサイテー男たちに質問。小杉が「さっしーは、どんな時にテンション上がるの?」と質問すると、「CM決まった時とか…あんまりプライベートで動かないし、やった!って思うことないから、嬉しい仕事が決まった時」と話し、吉田も「だってダンスの稽古を何日も一生懸命やったコンサートよりも、1日で終わるCMの方がテンションが上がるな」と同意すると、指原は「コスパいい」と、本音を漏らした。

モデルの山ノ内の「テンション爆上げした瞬間」では、番組で共演した超ハードルの高い女性から誘われた話を披露。それを聞いた指原は「共演者の人とそういう事って絶対なくないですか? ドラマとかだったら一緒に過ごす時間長いし、空き時間も長いじゃないですか。でもバラエティって、入って、お願いします。はい、お疲れ様でしたって感じじゃないですか。だから絶対ならないだろうなって」とコメントすると、これにブラックマヨネーズの2人も同意したが、さらに「あと、バラエティに出ている時の自分を知っている人は絶対に嫌です。恥ずかしいじゃないですか。あんなベラベラ喋ってとか思われる」と発言すると、小杉が「日本中が知ってる。知らん人なんておらへんで。ロシア人とかになってくるで」とツッコミ、スタジオに笑いが起こった。

続いて新メンバーの子持ちシンガーソングライター・しんどうたくみが、高校時代に「英語の先生」といやらしいことをしたと、男子が憧れるエピソードを披露すると、小杉は「最高やないかい!」と声を張り上げ、さらに「お前もう死んでもエエな! 羨まし過ぎる!」と、悔しがっていた。

吉田も「その経験させてもらえるなら、今から6年休みなく働けるわ」とコメントし、スタジオが大爆笑となった。

吉田のコーナー「サイテー男の懺悔裁判」では、サイテー男が謝りたいと思っている事をスタジオで懺悔。そして懺悔の後、有罪か無罪かを、指原が判定。有罪の場合は、セクシー女優から罵声が浴びせられ、無罪ならハグなどのご褒美も。

ベーシストのITARUが「私、ITARUは指原さんを使って女性を口説いている事を懺悔します」と告白し、驚きのあまり唖然とする指原に、「みんなやってるとは思うんですけど一度は。女性の方と一緒の席になったりするじゃないですか?で、番組のこととか聞かれて、(指原は)やっぱりカワイイんですか?って、すごい聞かれるんですよ。その時に、いや全然お前の方がカワイイけど、と言う」と説明すると、指原は有罪と書かれたパネルを振りかざし「絶対に許せません!」と大声で怒りを露わにした。

吉田は「今の使い方はスタッフさん含め全員やってるよ」とコメントし、笑いを誘った。
その他にもサイテー男たちからは「妻の幼馴染とエッチしてしまった」「トークのネタ欲しさにニューハーフを抱いてしまった」など衝撃のエピソードが飛び出した。

©AbemaTV

<関連サイト>
朝日奈央、フット岩尾の発言に「本当に気持ちが悪い!」
http://www.entameplex.com/archives/39702

グラドルがセクシー水着生着替えで元カレに悩殺リベンジ
http://www.entameplex.com/archives/39584

加藤浩次「キャバクラのママはちょっとブスがいい」
http://www.entameplex.com/archives/39710