Entame Plex-エンタメプレックス-

“現役復帰宣言”の亀田興毅「戦いたい相手は2人いる」


1月20日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて、特別番組『新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負 アフターストーリーSP』が放送された。

元日に生放送された新春特別番組『AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負』のアフターストーリーとして放送された同番組は、現役復帰宣言をした亀田興毅、「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」企画に挑戦した亀田大毅、そしてデビュー戦を終えたYouTuber・ジョーブログと亀田三兄弟の従兄弟にあたる亀田京之介選手の
当時の裏側や現在の心境について迫っていった。

「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」にて、5人の挑戦者相手に完全防衛を果たした大毅は、試合後の反響について「非常に大きかったですよ、世界戦級でしたね。二番煎じのわりに頑張ったと思います」と当時を振り返った。進行を務める辻よしなりから、1戦目から3ラウンドフルで戦った意図を聞かれた大毅は、

「ボクシングを見せたんですよ。対戦相手は、ケンカ無敗で地下格闘技にも出ていて。そんな相手でも、ボクシングでは一発もパンチがあたらないんだよっていう現実を見せたかったんです」と想いを告白。最後に今後について聞かれると、「すべて終わりました。今後はボクシングの指導にまわりたいです。日本のリングに上がっていなかったので、最後こういった形で上がれたのはすごく嬉しかったですね」と心境を明かした。

続いて、デビュー戦を引退試合としながらも、見事白星を飾り、「全力で出しきった」と語ったジョーは、「中途半端な気持ちでやるスポーツじゃない。二足のわらじになりたくなかったんですよ」と引退試合にすることを決めた気持ちを吐露。トレーナーを務めていた興毅は「神様が見ていましたよ。本当に頑張っていましたから。俺らが渡した練習メニュー以外もやっていたと後から聞いて本当にびっくりした」と試合を振り返った。

一方で、同じくデビュー戦を戦い、“亀田家最恐”と期待されながらも亀田家初のTKO負けという結果を残してしまった京之介選手。亀田三兄弟の父・史郎さんから「負けは負けや。足らんもんいっぱい見つかったから、その悔しさで、次につなげろ。(ボクシング)辞めへんかったらやりきれ!ビックマイスを最後まで貫け」と喝を入れられ、再び“亀田家最恐の男”として復活。「イチから出直すんで、お前ら見とけよ。楽しませるから」と気合を語った。

番組の最後には、興毅が現役復帰を決意した心境を激白。 「元日に3人(大毅、ジョー、京之介選手)の試合を見ていて、胸が打たれるものがあった。自分も叶うのであれば、プロのリングで最後にもう1回だけリングにあがり、入場曲のバーニング・ハートをファンのみんなに聴かせたいし、リングの上でテンカウントを聴けたらなという思いです」と話した。

「相手あってのことなので、正直どうなるかわからない」と話しながらも「戦いたい相手は自分の中で2人います。これは別に誰が何を言おうが自分の中で納得できる試合じゃないと意味がない。再び世界王者になりたいとは思っていない。それなりの覚悟と気持ちを持って引退しているので」とすでに対戦相手は決めている様子だった。

さらに、さっそくトレーニングを開始していることも明かすと、「(試合は)5月ぐらいにやりたいと思っています。そんな甘い世界じゃないんですけど、元世界王者として情けない姿は見せられない。亀田興毅の試合を見せたい。自分自身も見てみたい。どういう練習したらいいか引退してから見えてきた部分もあるので、効率よく最短でどれだけ強くなれるか考えている」と現状についても語った。

©AbemaTV

<関連サイト>
ゴールデンボンバー樽美酒がイチャイチャした相手とは?
http://www.entameplex.com/archives/41045

比嘉愛未「自由の女神みたい!」母撮影の写真に絶賛の声
http://www.entameplex.com/archives/41048

矢口真里「いつかまた5人の姿を見たい」ももクロに言及
http://www.entameplex.com/archives/41042