Entame Plex-エンタメプレックス-

矢口真里、ロンブー淳の受験に「うらやましい」


2月20日、AbemaTVで『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送され、 15人組アイドルグループ・サンスポアイドルリポーター(略してSIR) 2018がゲストに登場。

同番組は、タレントの矢口真里とお笑い芸人の元巨匠・岡野陽一が、毎回変わる個性豊かなアイドルたちをゲストに迎え、様々なトークテーマでアイドルたちに切り込んでいく番組。

オープニングトークでは、AbemaTVの『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』で、青山学院への受験に挑戦中のお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳の話題に。全学部入試の不合格を発表し個別学部受験への挑戦を明かした田村について、矢口は「同じロケで一緒だった時、ロケ自体も大変だったのに休憩時間ずっと英単語帳を開いて勉強されていた」と語り、SNS用の写真撮影のために勉強をしているのかな?と思っていた矢口でしたが、カメラが向いていないところでもずっと勉強をしていたという田村のエピソードを明かした。また、青学の為に禁酒をしていることについても、「(田村が)『飲んじゃうと勉強する気おきなくなっちゃう』って。だからずーっと禁酒。めちゃくちゃストイックにやってるけど、こういう結果になってしまうということは、(青学は)やはり最難関なんだなって」と語り、「この先のチャンスというものに向けて猛勉強中という事で、心から応援しています!」と、田村へのエールを送った。

そして、学力の高い高校に入学したものの、モーニング娘。での活動が忙しすぎて高校を中退となってしまった矢口が、「やっぱ淳さんが大学受けるというのを見て、ちょっと羨ましいなっていう気持ちはある」と大学進学について語るが、すぐに「(受験)やらないですよ? 私はあんなストイックにできない! 禁酒できない! 無理!」と答え、「私からお酒を取り上げないで~」と話し、スタジオに笑いを誘った。

今週は、15人組アイドルグループ・サンスポアイドルリポーター(略してSIR)のリーダー・山下若菜、平塚由佳、西野亜弥、横屋敷有沙、利根さやなの5名がスタジオに登場。リーダーの山下は、「人をイラッとさせるようなキャラクター“イラドル”です!生ゴミって呼んでくだい」と、開始早々に衝撃な自虐っぷりを披露。続く平塚も、「甘えてもいいですか?」と言いながら自分の名刺を配り始め、大声を張り上げて自己紹介をする西野や、「唯一の王道派アイドルです」と語る横屋敷、そして、最後に自己紹介をした利根は、グループの脱退をかけて半年で11.2㎏ものダイエットに成功したことを明かし、無事にグループに残ることが出来たという経緯を告白した。

自己紹介から、かなり強烈な印象を受けた矢口は、「このグループ皆すごく(キャラが)濃いぞ。あんまり接したことがない種類の人たち」と驚いた様子を見せた。
 パチンコ店でのリポーターや、実際にパチンコを打って記事を書くなどのライター業も行っているというSIRのメンバーには、最初からパチンコが好きな子と、グループに入ってからパチンコが好きになった子の2パターンに分かれるようで、最初からパチンコが好きでグループに所属した利根は「パチンコを仕事にできて、お金がもらえて、いいところでライブが出来て、本当に天職です」と語り、現在33歳という最年長の山下は、「33歳で、現役アイドルユニットやっているのって私だけだと思う。パチンコとパチスロの知識さえあれば飯が食えるというのがうちのユニット」と年齢関係なく活動できるユニットの良い所を紹介した。

今回、スタジオにはパチンコ台を用意し、普段どのようにメンバーがリポートしているのかを見せてもらうことに。パチンコが打てると知った矢口は、「やりたいよ~」と嬉しそうな表情を見せ早速台の前に移動。実際にパチンコを打ちながら、横でSIRのメンバーに解説をしてもらった矢口は「すごい!さすが全部わかってるね」と大絶賛。さらに、この解説を出来るように深夜、閉店後のお店を借りて解説のレッスンを行っている事をメンバーが説明すると、矢口は「すごいね」と感心し、拍手を送った。

©AbemaTV

<関連サイト>
東野幸治の止まらない“西野イジリ”に「神回決定」の声
http://www.entameplex.com/archives/41662

クロちゃんのライブでの行動にアイドルらドン引き
http://www.entameplex.com/archives/41683

カンニング竹山、“ネットニュース”記者に直球質問!
http://www.entameplex.com/archives/41709