Entame Plex-エンタメプレックス-

面接官に梅沢富美男!「正論地獄」で脱落者が続出


AbemaTVのレギュラー番組『リアルカイジGP(グランプリ)』#6が5月20日に放送された。

『リアルカイジGP』は、応募者約35000人の中から様々な番組オリジナルゲームを突破した1名が、国内番組史上最高賞金額となる1億円を手にするまでを、さらにその1名が1億円を手にした時、どのような変化を遂げるのかを追っていく“人生逆転リアリティーショウ”。

この日の放送回では、前回に引き続き、栃木県の山奥で行われた第2ラウンド“ドロップ面接”の模様をお届けした。“ドロップ面接”とは、挑戦者たちがAからEの5つのブロックに分けられ、本大会への熱意や1億円の使い道などを5人1組の面接形式でアピールしていくというもの。しかし、各ブロックには部屋ごとに用意された限定ルールが設定されており、限定ルールを破ってしまうとその瞬間に失格となる。ルールを守りながら1億円への熱意が伝われば合格となり、第3ラウンドに進出することができる、まさに“運”が試されるゲーム。

挑戦者が挑む5つの部屋の中で、今週の放送では、謎に包まれていたE部屋の全貌が明らかになった。E部屋の面接官には、俳優・梅沢富美男の姿が。E部屋の限定ルールは、1億円を手にするにふさわしい人物であるかどうか。面接官の梅沢が「ふさわしくない」と判断したら、即失格となる。梅沢は「世界中のどんな会社でも、面接に来た時に、帽子をかぶったりハチマキをしたり、(そんな人は)受かると思いますか?」と詰問し、ハチマキを巻いていた45歳の男性が、早速失格となるなど、挑戦者が足を踏み入れたこの部屋は、反論する余地がない「正論地獄」だった。

芸能人では、梅沢が面接官を務めるE部屋で、「ボクシングジムを経営するため1億円取りたい」と語った元プロボクサー・内藤大助、そして、1億円の使い道に“明確なビジョンがある”と認められない限り失格となる、面接官をお笑いコンビ・TKOの木下隆行、タレントの鈴木奈々が務めるD部屋に、腰椎圧迫骨折という重症をおして参加し、「次のオリンピックに、弟と共に出たい。そのための練習費用として1億円が欲しい」と熱弁した元スノーボード選手・成田童夢が見事合格。さらに、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱も、「はい」と返事をしてしまうと失格となる、俳優・小沢仁志、小沢和義、女優・雛形あきこといったベテラン俳優陣が待ち受けるC部屋での厳しい質問攻めをくぐり抜け、第2ラウンドクリアとなった。

一方、同じくC部屋に挑戦したお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓は、「今まで相方とギャラを折半していたんですけど、1億円あったら相方に…」と切り出すも、面接官の小沢に「相方のギャラ?」と聞かれ、思わず「はい」と返事をしてしまい即失格に。そして、“明確なビジョン”を伝えるD部屋に挑戦したタレント・加藤紗里は、「映画『カイジ』の助演枠を買いたいです」と、その説明を試みましたが、面接官の筧から「地獄に落ちてもらえますか?」と、あっさり切り捨てられ、失格という結果になった。

梅沢が面接官を務めるE部屋では、続々と挑戦者が脱落していく中、「自主制作でSMの映画を制作したい」とアピールした映像制作ソフトの会社を経営する男性が見事合格。また、お笑いコンビ・ずんと、タレント・朝日奈央が面接官を務める、「えっと」「その」「あの」などの言葉がNGワードとされるB部屋では、「ブスと言われるので、整形以外のあらゆる手を使って美人になりたい!」と切実な想い明かしたキャバクラで働く女性、また「目にタトゥーを入れたい。注射で白目に黒のインクを入れます。日本で初めてのタトゥータレントになりたい」とアピールした、全身タトゥーの男性が見事合格となった。

思うように1億円への熱意を伝えられず、泣き出す者や、思わず限定ルールを破ってしまい叫ぶ者など、約75%の挑戦者たちが脱落し、残る124人が第3ラウンドに駒を進めた。

番組の後半では、本大会とは別に視聴者全員にも1億円が当たるチャンスがある世界初の企画「見てるだけで1億円 運極ルーレット」を実施。この日の放送回では、視聴者からの電話を受ける“億リスト”に、声優・高槻かなこが登場。高槻が待ち構える電話に繋がった挑戦者は、「沖縄で、家族全員で豪遊したい」と話すIT関係の会社で働く男性。最初のステップの「赤or黒」の選択で「赤」を選んだ男性は、見事「赤」を引き当て、ステップ2へ。続いて1の位を当てるステップ2では、「1が好きだから」と「1」を選んだものの、ボールは、「運極」の横の「26」に入ってしまい挑戦終了となった。

さらに番組の最後には、電話が繋がらなかった人も、ルーレットの数字を事前に予想し「SUPERCHOICE」でBET(ベット)するだけで、当選した人数で100万円を山分けできる視聴者参加型キャンペーン「100万円山分けミニカイジGP」を生放送! 高槻は「みんな1が好きなんですね。それなら、やはり1じゃないですか?」と予想したものの、ルーレットの数字は「5」となり、「5」にBETした視聴者の中から抽選で100名に1万円がプレゼントされることになった。

次週5月27日(日)の放送回では、再び「超確変!500万円山分け&運極ルーレットだけやるSP」を開催!

『リアルカイジGP』公式Twitterのリツイートが多ければ多いほど、当選率が大幅アップする、リツイート数に応じてルーレットのマスが埋まるSPルールとなっている。そして、“億リスト”には、タレント・りゅうちぇる、AKB48・小嶋菜月、元AKB48・永尾まりや、グラビアアイドル・彩川ひなのが登場! さらに、電話に繋がらなくても参加が出来る「100万円山分けミニカイジGP」も5回開催し、総額500万円を大放出する。

©AbemaTV

<関連サイト>
落下率86%!『リアルカイジGP』失格となる挑戦者が続出
http://www.entameplex.com/archives/43272

ドランクドラゴン鈴木拓に視聴者辛口コメ「炎上しろ」
http://www.entameplex.com/archives/43020

『リアルカイジGP』視聴者全員に1億円が当たるチャンス
http://www.entameplex.com/archives/42843