Entame Plex-エンタメプレックス-

鈴木亮平、『西郷どん』二階堂ふみとのラブラブショット


NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』(日曜午後8時)で主演を務める俳優の鈴木亮平が27日にオフィシャルブログを更新。同ドラの第二十回を振り返り、共演する女優の二階堂ふみとの2ショットを公開した。

同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男。明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。 鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。

第二十回(5月27日放送)の副題は「正助の黒い石」。吉之助(鈴木)は愛加那(二階堂)と島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることになる。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。

放送後、「遅咲き派(西郷どんこぼれ話20)」と題して更新したブログ。第二十回を「今週は正助どんの出世が描かれました。吉之助も、斉彬様に見出され初めて江戸に出たのが26才と幕末の志士の中では比較的遅咲きですが、正助も若い頃は謹慎させられ、久光に見出されたこの時にはすでに29才。遅咲き派ですね。」と振り返り、「そう考えると、お二人のここからの人生後半の怒涛の展開は、ご本人たちにとってもすごいスピードで過ぎていった日々だったことでしょう。なんて想像してみたり」と思いを馳せた。

続けて、「この頃の吉之助と愛加那夫妻は、本当にラブラブだったそうです」と愛加那を演じる二階堂と衣装姿でのオフショットを公開。吉之助と愛加那の仲の良さが伝わるエピソードとして「なんと客人の前でも愛加那さんを膝に乗せて、周りを赤面させるほどだったとか」と紹介し、「役者の楽しみの一つ」と、「情に厚い性格とはいえ、西郷さんも厳しい郷中教育を受けてきた薩摩武士。彼をここまでのろけさせたのは、愛加那さんへの大きな愛だったのか、奄美大島の大自然か、何も為せなかった自分への諦めか、はたまた元々そういうチャーミングなお人であったのかもしれません。侍も人間ですね」と自身が演じる吉之助について想像をふくらませた。

最後は、「次週の西郷どんは、第21回 「別れの唄」これはもう、何も言えない。何卒、観てくいやんせ。では。おやすみなさい」と呼びかけ、海を目の前にした後ろ姿や、釣りをしている姿などを公開し締めくくった。

公開した2ショットにファンから「自然体の亮平さんと二階堂さんのお茶目な顔、いいなぁ♪」「愛加奈さんときくちげんごさん、仲むずまじくて、ほっこり」「2人共、ほんと、素敵です」「2ショットお写真、いい感じ」「愛加奈さんの変顔?!また可愛らし」「西郷さんの大きな愛、羨ましい」「ふみちゃんのおふざけ顔可愛いったらないですね!!!」などの声や、「タイトルだけでも、予告だけでも、この写真見ても涙出そう」「毎週毎週 涙がでます」「次回は泣いちゃうんだろうな。。。」「愛加那さんの気持ちを想っても、吉之助さんの気持ちを想っても複雑」「来週で幸せな時がもう終わりだなんて!!寂しい…」「ますます西郷どんを楽しく見ることができそうです!」「怒濤の幕末期へ期待大!」と次週の予告内容に複雑な気持ちを抱いている声も多く寄せられている。

<関連サイト>
『西郷どん』鈴木亮平、“島編”開始に「朝から緊張…」
http://www.entameplex.com/archives/43263

鈴木亮平、ブログ写真に「プロレスのようで男っぽい」
http://www.entameplex.com/archives/43110

『西郷どん』鈴木亮平、尾上菊之助との2ショット公開
http://www.entameplex.com/archives/43026