Entame Plex-エンタメプレックス-

大川藍が“芸能学校のH事情”暴露にスタジオ震撼!


AbemaTVのレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#91が、11月26日夜9時から放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日の放送は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、モデルの大川藍、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈が出演。

テーマ「ブスが逃したH」では、せっかくのHのチャンスをなぜ逃してしまったのか、出演者たちに聞いた。すると自称ブスメンバーからは「お金持ちの次期社長とは知らずにタイプじゃないから断った」「着ていた下着の上下が別々だったので恥ずかしくて断った」「帰りのタクシーで相乗りに誘われたが無視した」「テクニシャンのレズビアンに誘われたけど断った」など、衝撃のエピソードが語られた。

スタジオでは、オアシズの大久保が「(元セクシー男優の)加藤鷹さんと仕事をした時に、『大久保さん、すごいタイプ。抱きたい。芸能界で抱きたいベスト3に入る』と言われて、(ベスト3の)名前を聞き出したら、私と、(お笑いコンビ)アジアンの隅田さんと、吉田沙保里選手だった。ちょっと心の中で、“ブス専じゃねえか!”と思った。お願いしたら抱いてくれそうな感じがした」と明かし、スタジオの全員が大爆笑。

続いて、元サッカー日本女子代表の丸山にも聞いてみると、「私は1回もないです。やっぱりチャンスは絶対決めるので、なんだかんだで逃したことはない。(相手から)突然きた場合でも、一度受け止めます。一度受け入れるということを決めています。彼氏が今いないので、受け入れ態勢は万全です」と話し、笑いを誘った。

そして“美人コメンテーター”の大川も「逃したことはないかもしれない。好きだと思った人には一生懸命アピールします。でも、1年弱くらい片思いしていた人はいました。学生の頃も、(すでに)アイドリング!!!だったので、3年間同じ人に片思いで終わりました。向こうも“いいな”とは思ってくれていたみたいなんですけど…、芸能学校だし、噂になっちゃうので、お互い何もできず終わっちゃいました。でもヤってる子は、ヤってました。私の目の前の席の女の子が、『昨日、私、あの人とヤったから』みたいな…。しかもその相手が、私が片思いしている人だった。今は2人とも芸能人になっている」と明かし、スタジオ騒然! 大久保も「そういうところから(女は)勝ち上がっていくんだね…」、矢作も「なかなかの話だね」と、驚きながらコメントする一幕も。

その他、あなたの心のブス度をあぶり出す心理テスト「ココロンブス」のコーナーでは、「男2女3のグループでテーマパークに行くことに。2人乗りの乗り物の組み合わせはどう決める?」の回答から、あなたの“ヤれちゃう度”を判定! 気になる結果は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
大川藍のムラムラ解消法「ヌードモデルの写真を見て…」
http://www.entameplex.com/archives/46694

葉加瀬マイ “月100万円で愛人契約”を持ちかけられた!?
http://www.entameplex.com/archives/46485

丸山桂里奈“Hが飽きられたと感じた瞬間”に出演者混乱
http://www.entameplex.com/archives/46076