Entame Plex-エンタメプレックス-

細川ふみえ、グラドルたちの熱い戦いにもらい泣き!


12月15日、AbemaTVのレギュラー番組『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』#7が放送された。

同番組は、大人気アイドルグループの活躍や、バラエティ豊かなセクシー女優の登場により、徐々に活躍の場が減少し、まさに“苦境”に立たされている「グラビアアイドル」たちを救うべく、様々なテーマに基づいた“グラドルコンテスト”を開催し、
グラビアアイドルの原石を見つけ出すスター発掘番組。コンテストのテーマには自らの特技を生かせるものから、生まれ持った個性で競うテーマも用意され、グラビアアイドル達の様々なアビリティ(能力、特技、才能)を開花させるコンテストを予定。各コンテストでグランプリを獲得したグラビアアイドルには、自身のプロフィールに輝かしい経歴として加えることができ、ブレイクのきっかけとなる“称号”を獲得することができる。

この日の放送回では、ゲストに、元グラビアアイドルの細川ふみえと、週刊プレイボーイ編集部の石橋太朗を迎え、前回の放送に引き続き、応募数162人の中から、厳選なるオーディションによって選ばれた8人がスタジオに集結し、日本一根性があるグラドルを決定する「全日本ど根性グラドルコンテスト」の後半戦の模様をお届けした。

最初の競技は、「ビリビリタイマン対決」と題して、ビリビリマシンの電流で、体の自由を奪われながらのジェンガ対決を開催。“フルヌードヤンキーグラドル”こと、あさいあみ、“三十路のプロレスラーグラドル”こと、白川未奈、“ガイアナ共和国と愛知県のボーダレスど根性グラドル”こと、牧野紗弓、“下町のど根性天使”こと、相良朱音といった、前半戦を勝ち進んだ4名が、あさいと相良、白川と牧野の2組ずつに分かれてジェンガ対決行うことに。

白川と牧野の対決では、ビリビリマシンの痛みについて「本当ですかね?」と疑う牧野だったが、体に電流が流れ始めると「うわ!」と声を上げ、苦痛の表情を見せた。
さらに、どんどん強くなる電流の痛みに「大丈夫!まだいける!」と牧野が自身にカツを入れる様子に、本番組のMCを務める、お笑いコンビ・麒麟の川島明が「少年漫画のよう(笑)」とツッコミを入れるとスタジオに笑いが起こった。

「ビリビリタイマン対決」を終え、相良と白川の決勝進出が決定すると、運営委員長のケンドーコバヤシから「急遽、敗者復活戦を行いたいと思います!」という重大発表が。悔しくも負けてしまった6名のグラドルたちが再び登場し、「早食い対決」を行ったところ、“徳島のフルボッコマシーン”こと、“元ヤンキーグラドル”の小林ひろみと“現役女子大生ドMグラドル”の高梨瑞樹が、決勝に進出することになった。

その後の決勝では、「ど根性女豹息止め対決」と題し、女豹のポーズでより長く水面に顔をつけられた人が優勝というバトルを、小林と相良、白川と高梨の2組ずつに分かれて行った結果、勝利した小林と白川が、最終決戦に挑むことに。
小林は「私、人生で1回も1位になったことがないんですよ。大会に出場してもいつも2位で」と話し、白川も「父親に結果を出せないなら芸能界引退しろと言われてるんで」と、それぞれ優勝への意気込みを語った。

いざバトルが始まり1分が経過すると、先にギブアップしたのは白川。優勝した小林が水から顔を上げると同時に「嬉しい!」と涙で叫ぶ様子を見て、細川は「すごかったですね。自分の中の精神を統一する力とか…素晴らしい」と思わずもらい泣きしながら語った。一方、ケンドーコバヤシは「優勝して涙されててね。彼女たちのこの大会に懸ける想いと、僕が気楽に座ってた自分の気持ちのギャップに今引いてます」とコメントし、会場を笑いに包んだ。後半戦も“ど根性”たっぷりの激しいバトルを繰り広げた「全日本ど根性グラドルコンテスト」の様子は「Abemaビデオ」限定で視聴可能なので、ぜひチェックをい。

そして次回、12月22日(土)の放送では、今まで放送した、「歌姫グラドルコンテスト」や「柔軟女王グラドルコンテスト」、公開オーディション「グラドルの虎」などの名シーン&未公開シーンを大公開! お見逃しなく!

©AbemaTV

<関連サイト>
細川ふみえが涙!生タマネギ丸かじりグラドルに感動
http://www.entameplex.com/archives/47070

バナナマン日村、グラドルお色気漫才「くそおもしろい」
http://www.entameplex.com/archives/46820

Iカップグラドルvsケンコバの百人一首勝負でポロリ寸前
http://www.entameplex.com/archives/46796