Entame Plex-エンタメプレックス-

“珍獣”金田朋子がハイテンションで大暴れ「ギョギョ」


2月5日、深夜アニメ作品に加えて声優生放送レギュラー番組やアニソン LIVEまで見られるAbemaTVのアニメLIVE チャンネルにて『声優と夜あそび【火:小野友樹×大坪由佳】 #42 金田朋子がゲストに登
場!』が放送された。

『声優と夜あそび』は、毎週月曜日から金曜日まで人気声優が2名ずつ日替わりで MC を務める、業界初の声優生放送レギュラー番組です。火曜日は小野友樹と大坪由佳がメインMCを務めている。
この日の放送では、声優の金田朋子をゲストとして迎え、金田の行動を別室で観察する企画や、金田の半生を振り返る「人生グラフ」の制作などを行った。

本放送にゲストとして登場した金田は、『あずまんが大王』の長浜ちよ役をはじめ、『けものフレンズ』のトキ役、『パズドラクロス』のタマゾー役、『マンガでわかる!Fate/Grand Order』の主人公役など、数多くの作品に出演している声優。また、独特の高い声とハイテンションな言動が人気を呼び、ラジオのパーソナリティを務めたり、バラエティ番組に出演したりと、幅広い分野で活躍している。

ハイテンションな金田さんと MC のふたりが、どのような会話を繰り広げるのか……と思いきや、なんと放送は金田さんがスタジオとは別室に入るところからスタート。「モニタリング実験企画 また“珍獣”に〇〇してみた」と題し、別室の金田さんにさまざまなお題を提供して、行動やリアクションを MC の小野さんと大坪さんがモニタリングするというコーナーが始まる。

「控室」と説明された部屋に案内された金田。もちろんご本人には企画の趣旨は秘密となっており、隠しカメラの存在も明かされていません。しかし、部屋にひとり残された金田は、机の上にある小物を手に取り、ひとりで遊びはじめます。グルグルメガネをつけて「頭よさそうじゃない?」「ボクは 100 点しかとりませんから!」とポーズを決めたり、バットを手にして野球選手のモノマネをしたりと、(勝手に)物ボケを開始。はやくも独特の金朋ワールドが繰り広げられた。
スタッフが「絶対に見ちゃダメ!!」と書かれた箱を置いていくと、「フリでしょ?」「なになになに?」「コワーイ!」と叫びつつ、開封。中に書かれた「バーカ」と書かれた紙に「そういうお前がバーカ!」「私は富士サファリパークに行ってライオンに勝った!」と謎の張り合いを始める。

また、「大好きな“被り物”をひとつプレゼント」というお題では、「アッ、被り物だァー!」と大喜びの金田がひとつひとつ試着してプレゼントされる被り物を選択。魚の被り物をつけて「ギョギョギョーッ!」と部屋の中を練り歩いたり、オッパイのついた帽子をかぶって「これ被って授乳したらよさそうだよね」「私の乳首の色は、こんなに明るくない」と生々しい発言を連発。ほかにも「“金田月月子さん”と間違えて呼んでみる」「一貫 100 円の寿司を一貫 3000 円と偽って食べさせてみる」などのシチュエーションに金田は独特のセンスでリアクションしていく。

はじめて声優の仕事以外で金田朋子ワールドを目の当たりにした、という小野は「あの人は……人生で大切なものを教えてくれる気がします」「ずっと新鮮じゃないですか、すごいことですよ」「役者としてというより、人として大事なことを思い出した気がします」と、やや正気を失った表情で熱弁します。一方の大坪は、「(食べ物の正しい値段を当てる)格付けチェック形式なら、私たちもスイーツを食べられるのでは?」と私欲と食欲に満ちた“学習”をしたようです。番組開始から1時間以上が経過したところでようやくネタばらしが終わり、MCと同じスタジオに移動してきた金田。

「金田朋子の人生グラフ」のコーナーでは、半生を振り返る人生グラフの製作に挑戦。生まれてきた時から幸福度 100%という金田は、結婚した時期で「結婚できないと思ってたけど……できたァァァ!」と絶叫。ボードを飛び出したマジックペンで小野の腕と頬に“グラフ”を書くという、まさに傍若無人の“カネトモ地獄”が展開されます。MCのふたりと話す金田は、終始変わらぬハイテンションで、最後まで番組を楽しんでいた。

©AbemaTV

<関連サイト>
Hカップグラドル センター試験の自己採点結果が明らかに
http://www.entameplex.com/archives/47883

ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

Gカップ元アイドル、禁断のセクシー女優デビューに密着
http://www.entameplex.com/archives/45945