Entame Plex-エンタメプレックス-

ケンコバが奇跡の40歳グラドルを診察「至近距離すぎ」


AbemaTVのレギュラー番組『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』が、2月16日に放送された。

『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』は、大人気アイドルグループの活躍や、バラエティ豊かなセクシー女優の登場により、徐々に活躍の場が減少し、まさに“苦境”に立たされている「グラビアアイドル」たちを救うべく、様々なテーマに基づいた“グラドルコンテスト”を開催し、グラビアアイドルの原石を見つけ出すスター発掘番組だ。コンテストのテーマには自らの特技を生かせるものから、生まれ持った個性で競うテーマも用意され、グラビアアイドル達の様々なアビリティ(能力、特技、才能)を開花させるコンテストを予定。各コンテストでグランプリを獲得したグラビアアイドルには、自身のプロフィールに輝かしい経歴として加えることができ、ブレイクのきっかけとなる“称号”を獲得することができる。

この日の放送回では、応募数161人の中から、厳選なるオーディションによって選ばれた10人がスタジオに集結し、日本一の柔軟力を持つグラドルを決定する「第2回全日本柔軟女王グラドルコンテスト」後半戦の模様をお届け。

本番組のMCを務める、お笑いコンビ・麒麟の川島明が不在のため、実況アナウンサーの清野茂樹が代理でMCを務めるなか、ゲストには、元体操選手の池谷幸雄、俳優の袴田吉彦の2人が登場。
運営委員長のケンドーコバヤシと一緒に、大会運営委員として、グラドルの柔軟力を採点した。

2回戦では、体の柔らかさから“タコ”というあだ名で呼ばれていたと語る新井花菜、元新体操香川県代表の桜りん、ミスヤングチャンピオン2018年グランプリの佐藤望美、バトントワリング日本一の経歴を持つ仲村まひろ、「第1回全日本柔軟女王グラドルコンテスト」グランプリの夏本あさみ、現役の歯科衛生士でもある西原愛夏、バレエ歴11年の経験を持つ日野麻衣、奇跡の40歳グラドル・森崎まみらの前半戦を勝ち抜いた上位8名がそれぞれ、背中と腰の柔軟性を使った“ブリッジ”の姿勢で、障害物をクリアしていくレース“柔軟障害物競走”を行い、そのタイムを競い合うことに。

トップバッターの日野が1分36秒11でクリアするなか、“ブリッジ”の姿勢を取ることが出来ず、悔しくもレースに挑戦することが出来なかった森崎。ケンドーコバヤシが「ドクターの“診察”をしなければ!」と言いながら、森崎に近づくも、“診察”の距離感の近さに、清野から「委員長!至近距離すぎます(笑)」とツッコミが入る場面も。その後、ケンドーコバヤシが「(森崎さんの脈が)異常なくらい脈打ってました」と口にすると、会場は大いに盛り上がっていた。

3回戦では、“柔軟障害物競走”を勝ち抜いた新井、桜、佐藤、仲村、夏本、日野が2人1組となり、新競技“ツイスター”ならぬ“軟体3Dツイスター”を実施。新井さんとの戦いに負け、「運がなかったですね。私は、いつも1番になれないんです」と悔し涙を見せた桜だったが、その後行われた敗者復活戦で、新体操世界2位の記録を持つ立花このみ、日野、バレエ経験がある村上りいなの3人と共に、見事復活を遂げることに成功。後半戦の結果、準決勝の切符を手にしたのは、新井、桜、立花、仲村、夏本、日野、村上、以上の7名となった。

その他、ケンドーコバヤシさんが「ぶっちぎりのトップ!ブリッジの強さが一流でしたね」と絶賛した、桜の“柔軟障害物競走”の様子や、“軟体3Dツイスター”の一部始終は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、放送後7日間無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

そして次回、2月23日(土)の放送では、「第2回全日本柔軟女王グラドルコンテスト」決勝戦の模様をお届け。脇の下やかかとなど、全身に貼られたリボンを何枚剥がせるかを競い合う“リボン剥がし”や、“地獄の開脚バトル”など、グランプリの座を懸けたグラドルたちの白熱のバトルから目が離せない!

©AbemaTV

<関連サイト>
細川ふみえが涙!生タマネギ丸かじりグラドルに感動
http://www.entameplex.com/archives/47070

Iカップグラドルvsケンコバの百人一首勝負でポロリ寸前
http://www.entameplex.com/archives/46796

ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571