Entame Plex-エンタメプレックス-

バナナマン日村、罰ゲームで即興“リズムネタ”を披露


2月27日、AbemaTVで『日村がゆく』が放送された。
同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組。

この日の放送回では、ゲストにお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信を迎え、「地獄リズムネタにらめっこ」第2弾を開催。今やすっかりお笑いネタとして浸透した“リズムネタ”を、下は19才から上は64才まで、幅広い年齢層の8組の芸人がネタを披露することに。日村さんと小宮さんは口に牛乳を含み、お互いが指名した出場者のネタに対して、牛乳を吹き出した回数が少ない方が勝利となります。

“バナナマンを目指す男”松永尚の披露したネタでは、小宮が牛乳を口に含んだ状態でスタートするも、松永が「どーもー!」と登場した瞬間、笑い出して牛乳を吹き出す事態に。日村さんが「すごい!面白い!」とコメントすると、小宮も「これは無理!あの世代の人の声の高さじゃない、バナナマンではないし(笑)」と口にし、スタジオには笑いが起こった。

そして、日村が牛乳を口に含むと、第1弾に登場し、「いいじゃん!いいじゃん!」の“リズムネタ”で
スタジオを爆笑の渦に巻き込んだタカマッチを、小宮が指名。「ぼ~くの、僕の、ぼ~くの!」という
新しいネタに、日村が牛乳を吹き出し爆笑するなか、日村に憧れて芸人を目指すようになったという
“パリピボーイ”ナナオのネタでは、「あんなのパリピじゃない(笑)こっちが笑ってるかギリギリまで確認して、笑ってないとすげー暗くなる」という小宮のコメントで、スタジオは大爆笑。

その後、小宮とのにらめっこの勝負に負けた日村は、ナナオのリズムネタを即興でコピーし、披露することに。「ナナオやんなきゃだめ?恥ずかしいなぁ」と言いながら、日村がナナオに直接ネタの指導を
受けた様子や、本番組でお送りした個性豊かな“リズムネタ”の数々は、「Abemaビデオ」にて、7日間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
三四郎・小宮、“パンツの中身はなんだろな”で大暴れ!
http://www.entameplex.com/archives/48261

“鼻クソ事件”勃発の島田秀平に、日村がまさかのお願い
http://www.entameplex.com/archives/47905

日村の全身白塗り姿に設楽「怖いよ。この世の者と…」
http://www.entameplex.com/archives/47638