Entame Plex-エンタメプレックス-

宮下草薙・草薙、女芸人に誘われ逃げ腰「もうちょっと」


AbemaTVのレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#115が、6月10日夜9時から放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日の放送は、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコ、お笑いコンビ・フォーリンラブのバービー、そして“ブサイク芸人”として、お笑いコンビ・ロビンソンズの北澤仁、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田晢矢、お笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基が出演。

トークテーマ「ブスとブサイクどっちが損?」では、学生時代と社会人時代で、どちらが損なのか徹底討論した。
男性陣と女性陣が、それぞれ学生時代のエピソードを披露したところ、最終的に、おぎやはぎ小木の判定で
“学生時代損なのはブス”という結果に。

続いて、社会人になってからのエピソードでは、草薙が「ブサイクは良い事が1つもない」と発言したところ、おぎやはぎ矢作が「いい思いをしていないから損だと思っているんだな。でも今後、多分いい思いがある。草薙が芸人にならないで普通に生活しているよりは、可愛い子が『草薙さんの事好きなんです』とか言ってくれたりする」と力説。

また、草薙が「僕は(女性との)経験がない…」と明かすと、自称“ブス”メンバーのお笑い芸人・八つ橋てまりが「(草薙さんは)可愛いから、私全然イケますよ!あとでじゃあ」と誘うも、八つ橋の容姿を近くで確認した草薙が「もうちょっと…」と返し、スタジオに笑いが起きる一幕も。

その他、さらば青春の光の森田が明かした“合コンを早く切り上げる方法”や、整形を勧められたたんぽぽの川村が返したコメントは、見逃した番組を無料で視聴できる「Abemaビデオ」で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
「Hの最中に変顔」おぎやはぎ矢作“男性あるある”告白
http://www.entameplex.com/archives/48328

アンゴラ村長、踏み台にするアイドルに激怒「やめて」
http://www.entameplex.com/archives/49372

倉持由香、美尻の秘訣は「フェイスパックで尻パック」
http://www.entameplex.com/archives/49307