Entame Plex-エンタメプレックス-

小籔、ゆりやんに苦言「それは正直嬉しくないよ…」


AbemaTVのオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ』(以下、『さよプロ』)の#6を、9月28日よる10時より放送した。

本番組は、結婚のタイミングを見失った“仕事が第一の彼氏を持つ交際2年カップル”と、“関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年カップル”の2組が、7日間のイタリア旅行を敢行。そして、最終日に“結婚する”か、“別れる”かのどちらかを必ず決断しなければいけない、最も残酷で愛に溢れた結婚リアリティーショー。

番組では、交際歴2年、モデルのカナミ(27歳)とパーソナルトレーナのフミヤ(26歳)がイタリア旅行4日目を迎えた。

「イタリアの景色に感動した」と会話をする2人ですが、カナミは「(2人で)ロマンチックな1回も夜景行ったことないじゃん」と、フミヤがロマンチックなことを嫌い、避けていることについてちくり。また、「サプライズしてして、なんて言わないけどされたら嬉しいよ。女の子は憧れるよ」と遠回しに自分想いを伝える。するとフミヤは「バラ100本用意しました、は気持ち悪いと思っちゃうんだよね…」と自身の意見を述べると、カナミはすかさず「それ、全員敵に回しているよ」とぐさり。思わず「勉強します…」と反省の意を示すフミヤ。

そんな“サプライズ”への価値観のずれが露呈した2人に、残された時間はわずか3日間。2人は“結婚する”か、“別れる”かのどちらを決断するのか?

そんな姿を見てスタジオのゆりやんレトリィバァさんはサプライズに関して、「私はサプライズしたい派なんです。過去やったこととしては、当時弾けなかったギターを練習して、好きな人のいる東京の家まで朝から新幹線で行って、段ボールに誕生日おめでとうございますって書いて、窓から見たら私がいて、弾くみたいな…」という自身の驚きの恋愛エピソードを披露。それを聞いた小籔千豊は、冗談交じりに「それは…正直、嬉しくないよ」とコメントしスタジオを盛り上げていた。

番組後半では2組のカップルが、船内で合流するシーンを放送。合流後、記念写真を撮った2組は船内でディナーを始める。

サアヤは「突っ込んじゃいけない質問だったらすみません。なんで結婚しないんですか?」とフミヤとカナミのカップルにド直球な質問をすると、フミヤは、「端的に言うと、仕事に集中したいから…」と今の状況を話す。また、サアヤとカズ君も、結婚しない理由を説明すると、サアヤはフミヤに、カズ君はカナミに似ている境遇ということが判明し、場は盛り上がりを見せる。カップル同士、結婚観を議論し合ったディナーの後、1人になったサアヤは「(結婚を)重荷として背負うのではなく、生活に加えるものとして考える…」というカナミの発言を繰り返し、自分に当てはめている様子。

そして、ときおり表情が凍り、さらに深く悩む様子を見せた。小籔は「二人とも同じくらい結婚したいというわけじゃないから難しい。同じくらいやったら悩まんでいいのに」とコメントし、残りあと3日で結婚する”か、“別れる”か選ぶ状況に、スタジオメンバーは「難しいな~」と難色を示しつつ、桃は「無理~!」と自身の意見を発言していた。

恋人としていく最後の旅行の、最終日に必ず下さねばならない“結婚”か“別れ”の決断。男女が下すのは、涙のプロポーズか? 涙のさよならか? ぜひお楽しみに。

©AbemaTV

<関連サイト>
小籔が告白「俺は結婚した時、人生で1番貧乏だった」
http://www.entameplex.com/archives/51788

小籔千豊「“婚約したらすぐ結婚”を心の柱に」
http://www.entameplex.com/archives/51554

小籔、結婚逃避彼氏に苦言「こんな男とは別れるべき!」
http://www.entameplex.com/archives/51461