Entame Plex-エンタメプレックス-

浪川大輔&谷山紀章がボードゲーム挑戦でポンコツ刑事!?


AbemaTVはアニメLIVEチャンネルにて1月30日、『声優と夜あそび【木:浪川大輔×谷山紀章】#41』を放送した。

本放送では、「おもしろボードゲームで脳を活性化!」と題して、さまざまなボードゲームで遊ぶコーナ
ーを行った。スタジオには、東京都の港区にある田町駅近くでボードゲームカフェ「パイナップルゲームズ」を経営する長岡裕樹が登場し、もうひとりのプレイヤーとして「おっさんレンタル」のフランソワ久保田も加わってゲームをはじめた。

最初は“自分が持っている牌の数字”を周りの状況から予測する「DOMEMO」で遊んだ浪川と谷山は、早くも参加者同士でわいわい話しながら遊べるボードゲームに夢中になってしまった様子。続く「ito」は、非公開の手札の数字を“海外旅行に持っていくもの”や“言われて嬉しい言葉”のようなお題に沿って言葉で表現し、参加者全員が低い数字順でカードを出せば成功、という協力型のゲーム。

“言われて嬉しい言葉”のお題では、浪川は高めの91の数字を「俺は“すごいね!”。これは俺の最高級の誉め言葉」と表現し、谷山は 64 という数字を「思ったよりやるじゃん」という言葉でで“中の上”のニュアンスを巧みに表現。自分の言葉だけでなく、長岡やフランソワの表現に「これは絶対低いでしょう!」「意外と高いかも……?」と話し合いながら、楽しくゲームを進めていく。

最後に登場した「アンユージュアル・サスペクツ」は、刑事役と目撃者役に分かれ“刑事役の質問に対
する目撃者の答えをヒントに殺人犯を当てる”というゲーム。谷山はノリノリで「俺、ブラッド・ピットね。浪川さんはモーガン・フリーマン!」と名作映画『セブン』の刑事コンビに自分たちを喩え、ゲームに臨みます。刑事役が可能な質問はカードになっており、「犯人は郊外に住んでいますか?」「賭け事が好きですか?」など、さまざまなバリエーションが。容疑者たちにそうした設定はなく、判断基準は目撃者であるフランソワの抱くイメージのみ。「これ、俺が目撃者だったら困るよね!」「これ、刑事役が楽しいね!」と笑いながら進めていく2人。残念ながら犯人を当てることはできず「ポンコツ刑事じゃ~!」「悔しい~!もう一回やりたいけど時間がない!」と悔しいながらも、楽しい時間を過ごしていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
いとうせいこう、金田朋子のラップバトルを高評価!
http://www.entameplex.com/archives/54129

江口拓也、オトナになったと思う瞬間は「家で全裸に…」
http://www.entameplex.com/archives/53927

関智一、門前仲町での“せき散歩”で原点が明らかに!?
http://www.entameplex.com/archives/53925