Entame Plex-エンタメプレックス-

『僕せか』佐野勇斗、飯豊まりえの姿に「泣いた」の声


佐野勇斗と飯豊まりえのW主演によるAbemaTVの最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の第3話が、3月5日に放送された。

第2話の放送後1週間の視聴者数が第1話を上回り、視聴者が増えている本ドラマだが、今回放送の第3話では、放送初日の視聴者数が過去放送回の中で最も高い数字を記録しており、さらに右肩上がりとなる結果に。

芽衣(飯豊)が不倫していたことを知り、ショックを受けた航太(佐野)。直輝(YOSHI)に「お前は17歳のままだけど、あっちは24歳なんだから男のひとりやふたりいて当然」と言われ、7年の歳月に苛立ちを隠せない。さらに、7年前に航太がいなくなったあとの塞ぎ込んだ芽衣の様子を亮平(渡辺佑太朗)から聞いた航太は、
「俺、戻ってこない方が良かったのかな」と、やりきれない気持ちに。

一方、職場で不倫をしていたことをはるか(大友花恋)に打ち明けた芽衣。芽衣の投げやりな発言に違和感を感じるはるかだったが、「私、航太にがっかりされたくないの。できれば17歳の自分に戻りたいけど、それは無理だから」と、芽衣は東京に戻ることを決める。

7年間の変化を受け入れられずにショックを受ける航太と、変わってしまった自分を航太に知られたくないと思う芽衣に対して、視聴者からは、「好きな人にがっかりされたくないっていう芽衣の気持ち分かる気がする」「まさに人間ドラマ」「感情移入しすぎて今週も泣いた」など、2人の心情に共感するコメントが多く寄せられた。

また、芽衣を想い本気でぶつかってくるはるかに対して、「こんな友達欲しかった」「はるかいいやつすぎる」「沁みるわー」という声も寄せられた。さらに、芽衣が学生時代を回想するシーンで、挿入歌としてMACOがカバーする『3月9日』が初めて流れると、視聴者からは「待ってた!」「めっちゃ鳥肌たった」「聴けるの楽しみにしてた」「やばい。涙出てきた」「選曲が神すぎる」など、コメントが多く寄せられた。

「航太が戻ってきた」とはるかが言っていたことが気がかりな伊織(結木滉星)だったが、そのことをまだ信じられずにいた。“染谷航太から預かった”というメモを看護師から受け取った伊織は、メモに書いてある八櫻神社に向かう道中で、航太を見かけ動揺する。受け入れがたい出来事の連続に考え込む伊織は、はるかを呼び出し衝撃の事実を打ち明け始め……。

謎に包まれていた伊織の言動が徐々に明らかになっていく展開に、視聴者からは「まさかの展開」「どういうこと!?」「状況が理解できない」「信じられない」というコメントも。一方で、「実は伊織が航太を恨んでたとか??」「伊織以外にも関係してる人いるかも」「誰かをかばってる説」「何かあって自分責めてるんじゃない?」など、航太の死因と伊織の関係性を考察するようなコメントも続々と寄せられていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
佐野勇斗の真っ白な袴姿にファン歓喜「鼻血出るレベル」
http://www.entameplex.com/archives/54765

佐野勇斗&飯豊まりえ『僕せか』初回放送が話題に!
http://www.entameplex.com/archives/54585

MACO、佐野勇斗&飯豊まりえドラマ挿入歌を描き下ろし!
http://www.entameplex.com/archives/54487