Entame Plex-エンタメプレックス-

『僕せか』で話題!MACOの新曲「桜の木の下」が配信決定


AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」で挿入歌となっている人気シンガーソングライター・MACOの「3月9日」に続き、ドラマのために書き下ろした新曲「桜の木の下」が、3月27日に配信されることが明らかになった。

AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のなかで、第一話から舞台となる長野の美しい桜の木のシーンで流れるため話題になっていたこの楽曲は、プロデューサーの藤野良太から依頼を受け、ドラマの世界観にあわせてMACOが書き下ろした切ない楽曲となっている。

ファンからは、「MACOちゃんの声でさらに切なくなる」「良い曲過ぎて頭から離れない」「早くリリースされないかな?署名を集めたいほど」と既に話題になっており、2月14日のバレンタインデーに発売された「恋蛍」、さらに3月6日リリースされたレミオロメンの名曲をカバーしドラマのW挿入歌となっている「3月9日」に続き、3作連続のリリースとなる。

新曲「桜の木の下」がリリースされるにあたり、MACO本人からのコメントも到着。

<MACOコメント>
この曲にはとても思い入れがあります。「僕だけが17歳の世界で」の世界観や、主人公の芽衣側の気持ちになって歌詞を書きました。死んだ人が生き返ってまた再会する、というストーリーはとてもファンタジーで、私自身とっても羨ましいなって思った部分もあって。もうこの世にはいないけど逢いたい人っているし。そんな魔法があるなら言葉にできないくらい嬉しいだろうけど、その反面いつまた会えなくなるんだろうっていう恐怖や寂しさと隣り合わせで生活するのかな。って考えたりして。2番の歌詞では如実にそれが現れているし、1番冒頭でも「ある日突然急に あなたといると寂しくなった」と、胸の奥の想いを唐突に言っちゃってます。ボクセカはただキュンキュンするだけのドラマではなく、人間愛や人の心を動かす素晴らしい恋愛ドラマだと思っています。改めてこのドラマの挿入歌を書けて本当に嬉しいです。「桜の木の下」の歌詞も合わせてたくさんの人に聴いて貰えたら幸せです。

今回の配信決定に合わせて、新曲「桜の木の下」を聴けるMVティザーも公開され、3月27日の配信日に期待が高まる。また、W挿入歌で話題となっているレミオロメンの名曲をカバーした「3月9日」のMVフルバージョンも3月19日に公開予定。

<関連サイト>
MACO、『僕せか』撮影現場をサプライズ訪問し生歌披露!
http://www.entameplex.com/archives/54928

『僕せか』挿入歌にMACOカバーの『3月9日』が追加決定
http://www.entameplex.com/archives/54627

MACO、佐野勇斗&飯豊まりえドラマ挿入歌を描き下ろし!
http://www.entameplex.com/archives/54487