Entame Plex-エンタメプレックス-

千鳥・大悟、人生初のイチャイチャ動画に挑戦


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は15日、ABEMA SPECIALチャンネにて『チャンスの時間』#89を放送した。

この日の放送回では、女優の大原優乃をスタジオゲストに迎え、SNSを一切やってこなかった時代遅れの千鳥・大悟にTwitterを体験してもらう企画「大悟Twitter始動プロジェクト」第6弾を実施。第5弾での“リズムネタ”が大成功だったことを踏まえ、今回はさらに“バズる”動画を目指す「千鳥のイチャイチャ動画をアップしよう!」に挑戦した。

番組では、当企画お馴染みのお笑いコンビ、アルコ&ピース・平子祐希さんが先生として登場し、まずはお笑い第7世代として人気のお笑いコンビ・ぺこぱがSNSにあげた“イチャイチャ動画”をチェックすることに。

ぺこぱの動画に大原は「めっちゃいいですね!和みました」とコメントしますが、大悟は「(大原さんは)プライベートの感じを隠し見てるので楽しんでた。それがすごい危ないなと思いました。(芸人は)どこか隠す部分がないと、人になんか興味持たないんで」と持論を展開。これに平子はすぐさま「へぇ~すげぇ。昭和引きづられててかっこいい」と、バカにしたような口調で応対し、大悟は思わず爆笑しました。

その後も、「SNSは新しい形での癒しのツール」と解説する平子に、「癒しを与えたくて芸人になったわけじゃない。面白さとか笑いを提供するために出てきたんで」と、なおも渋る大悟。しかし、そこで平子が「大きなもののひとつが笑いなの。笑うっていう行為って何に繋がる?」と諭すように問いかけると、大悟は「癒し」と即答し、テンポの良すぎる2人の掛け合いにスタジオは大爆笑となった。

さらに、「動画の出来次第では撮り直しもある」と告げられた大悟は、「SNSって自分の意思でやることなんよね?わしがOKならOKでしょ」と物申しますが、またもや平子に「え~!?残念、ハンパが嫌いな奴だと思ってた」と煽られ、「まぁ…やるならちゃんと…」と、まんまとのせられた大悟さんは、ようやく観念し、何も知らずに楽屋で待機するノブの元へ。人生初の“イチャイチャ動画”の撮影へと向かった。

そして、動画を撮り終え、「先生、撮りました」と戻ってきた大悟の晴れやかな表情に、スタジオメンバーは「目つきが全然違う」と騒然。そこで早速「(1)お弁当じゃんけん」「(2)写真かと思ったら動画だった」「(3)ドッキリイチャイチャ」の3つのお題に加え、大悟が自主的に撮影してきたという「昔からネタ合わせしてる時に2人で遊んでたようなネタ」の4本の動画を再生してみるも…。

千鳥のリアルな“イチャイチャ”にスタジオは「マジでいい!」「仲良い!」「癒しだ」と大絶賛!平子は「ガチでちょっと泣きそうになるな」と感想を口にし、大悟は「確かに今日出会った人間とはあの感じは出ない」と納得の表情を浮かべた。すでに190万回以上再生されている千鳥の“イチャイチャ動画”撮影の裏側は、ぜひ「ABEMAビデオ」にてチェックを。

©ABEMA

<関連サイト>
千鳥ノブの“ブチギレ”に後輩芸人「マジでひどい!」
http://www.entameplex.com/archives/55553

千鳥ノブ、アルピー平子に心酔する流れ星・瀧上の嫁に…
http://www.entameplex.com/archives/51591

千鳥・大悟、元カノ話に「そんなオチ聞いたことない」
http://www.entameplex.com/archives/51476