Entame Plex-エンタメプレックス-

畠中祐、ウルトラマンZと共に“夜あそび”登場!


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は19日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 #2 畠中祐がゲストに登場!』を配信した。

本配信では畠中祐をゲストに招き、畠中のパーソナリティを掘り下げる「初めまして関さん!私が畠中祐です!」や、畠中がウルトラマンZの声を担当する新番組『ウルトラマンZ』にちなんだ「ウルトラ3分チャレンジ!」、畠中が演技で2人に挑戦する「役者魂を見せつけろ!夜あそび的食わず嫌い王」、その場のフィーリングでカラオケを歌う「新感覚カラオケ!全力なんとなくソング」などのコーナーを行った。

畠中が別室からリモートで登場……かと思いきや、画面に映し出されたのは番組配信日の翌日(6月20日)から放送開始となる新番組『ウルトラマンZ』に登場する新ヒーロー、ウルトラマンZの姿。「親友の祐が遅れているみたいだから、駆け付けたぜ!」というウルトラマンZに、大の特撮好きである関は大興奮。

同じ部屋へ移動し、「今日は会えるって聞いてきたから、パーカーもシャツもウルトラマンなんだよ!」と楽しみにしていたことを明かし、「(師匠である)ウルトラマンゼロのことをどう思ってる?」と質問したり、「これから地球を守っていくことに対する抱負を聞かせてよ!」とリクエストしたり、新ヒーローとの対面を楽しんだ。

そんなウルトラマンZの声を担当しているのが、本配信のゲストである畠中。配信内ではウルトラマンにちなんだ「ウルトラ3分チャレンジ!」のコーナーに挑戦。ウルトラマンの地上での活動時間である“3分”を制限時間として、さまざまなゲームを実施。カラータイマーを胸に付けた3人は、3分間で質問に対する答えを揃えていく「ウルトラマッチング」や、『ウルトラマンZ』のあらすじを3人で(時計を見ずに)3分間かけて読み上げる「ウルトラリーディング」に挑戦するも、惜しくも失敗。3つ目の「ウルトラジェスチャー」にかける。

「ウルトラジェスチャー」では、再び登場したウルトラマンZに、小さくなった関と森久保を合成してジェスチャーゲームをした。「ペンギン」や「ラジオ体操」「スペシウム光線」「バレーボールをするウルトラマン」などのお題をジェスチャーで表現していく。ウルトラマンZ(畠中)は「地球の文化はウルトラ難しいな……!」と言いつつ、2人の表現を読み解きます。残念ながらチャレンジは失敗してしまうが、ウルトラマンZは「地球の先輩たちが一生懸命になっている姿を見て胸が熱くなった」と2人の健闘を称えました。

さらに、配信内では畠中の演技を関と森久保が見破る「役者魂を見せつけろ!夜あそび的食わず嫌い王」や、その場のフィーリングで歌う「新感覚カラオケ!全力なんとなくソング」のコーナーも実施。カラオケでは畠中の『not GAME』を関がフィーリングだけで歌い、畠中は「なんで、こんなに歌えてしまうのか。(本当の音程からは)全部外してるのに……」と関のセンスに驚く。その後、畠中本人も『not GAME』を熱唱し、関と森久保から喝采があがっていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
小松未可子、“妖艶バスガイド”でなぜか「ドラゲナィ」
http://www.entameplex.com/archives/56540

関智一&森久保祥太郎、生配信で本気のCM撮影を敢行!
http://www.entameplex.com/archives/56461

安元洋貴と仲村宗悟、ついにスタジオで“感動”の対面!
http://www.entameplex.com/archives/56480