Entame Plex-エンタメプレックス-

木村昴、弘中綾香アナに必殺のスペシャルギャグを伝授!?


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「ABEMAビデオ」にて『声優と夜あそび』の特別編として『声優と夜あそび「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念SP!』を配信した。本配信は、テレビ朝日の『あべまの時間』第1部として8月6日に放送された映像の完全版であり、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開を記念してスネ夫(骨川スネ夫)役の関智一とジャイアン(剛田武)役の木村昴が特別MCとして出演。

さらにスペシャルサポーターとして弘中綾香アナウンサーも出演し、新作映画の見どころを紹介する『「映画どらえもん のび太の新恐竜」大紹介!」や、オリジナルの“ひみつ道具”を考案する「ガチ採用を目指せ!俺のひみつ道具!」、さらに以前に木村と関が『声優と夜あそび』金曜MCを務めていた頃の企画を復活させた「弘中アナの素顔を暴け!DJ昴」、さまざまなお題を声だけで表現する「声優ジェスチャーゲーム」などのコーナーを行った。

『「映画どらえもん のび太の新恐竜」大紹介!』のコーナーでは関さ進行役として、木村と弘中が『のび太の新恐竜』の見どころを大いに語った。物語の鍵となる恐竜「キューとミューの誕生シーン」を挙げ、「すっごいリアリティなんですよ!」と力説。弘中は「音楽と映像」を挙げ、Mr.Childrenのテーマソングはもちろん、美しい映像とリンクした音楽も注目ポイントとしてアピール。「ぜひ劇場で、映像と音楽のコンビネーションを味わっていただきたい」と語った。

さらに「ABEMA」限定の後半パートでは、関と木村が共に金曜日MCを務めていた頃の名物コーナーを復活させた「弘中アナの素顔を暴け!DJ昴」のコーナーを実施。ラジオのDJに扮した木村が、弘中にさまざまな質問を行う。ただし、関が別室から木村にのみ聞こえる声でさまざまな指示を飛ばし、木村が関の“無茶ぶり”をなんとか乗り越えていく……という内容。

最初は、「人に好かれるコツはなんですか?」「体も鍛えているそうですが、お勧めのトレーニング方法は?」「週末の過ごし方は?」などのスタンダードな質問からスタート。しかし、関がインカムで「(自分は)週末は一発芸を考えています」「今日は3つ用意してきています」などのセリフを指示し、木村は一発芸を披露することに。

木村は「世界一重たい一発ギャグ」や「これからオペをはじめます」「Yの配分を間違えた西城秀樹」などのギャグを披露。木村のギャグは弘中の笑いのツボに合っていたらしく、弘中は口元を押さえて爆笑。(関さんの指示を受けた)木村は「ぜひ持ちギャグしてください」と、「世界一重たい一発ギャグ」と「Yの配分を間違えた西城秀樹」のギャグを伝授すると、弘中も「2個も貰っちゃって、いいんですか!?」と笑っていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
小松未可子、“あの姫”風の上坂すみれに「唄えよ!」
http://www.entameplex.com/archives/56923

下野紘の貴重すぎる姿に内田真礼「今日はいい日だな~」
http://www.entameplex.com/archives/56880

安元洋貴の“罪深い夜食”に仲村宗悟が感動!
http://www.entameplex.com/archives/56866