Entame Plex-エンタメプレックス-

人気声優が“パジャマ”で大集合!神企画にネット沸く


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は22日、『声優パジャマ会議 in WINTER??』を生配信した。
本番組では、メインMCには前回と同様、安元洋貴と蒼井翔太が就任、ゲストに、浪川大輔、江口拓也、西山宏太朗、森久保祥太郎、鈴木達央、代永翼、石川界人が出演し、様々な企画を行った。豪華メンバーが“自然体”で楽しんだ本番組は、Twitterトレンドの世界と日本の両方で1位を獲得するなど、大きな反響を呼んだ。

9人の出演者による雑談からスタートした本番組。9人は可憐なネグリジェ姿の蒼井による「出会えたことに感謝!3・9・7(サンキューな)!」という音頭と共に乾杯すると、森久保が早いペースでジョッキを飲み干したり、石川はガッツリと白米や唐揚げの“夕食”を楽しんだり、それぞれマイペースに番組を楽しんだ。多くの番組で共演しており、プライベートでも親交の深いメンバーならではの雰囲気に、視聴者から早くも「しょーたんカワイイ!」「みんなリラックスしすぎ!」「仲良し大学生の合宿みたい」といったコメントが寄せられた。

番組内では「声優ウルトラクイズ」と題したコーナーを実施。3点のライフを持って早押しクイズに挑戦し、正解すると他の参加者のライフを減らして、0点になると罰ゲーム行き……というルール。声優の技術用語に関する問題で浪川が圧倒的な回答スピードを見せたり、石川がセリフイントロ問題で驚異的な“耳”の良さを発揮したり、鈴木が仲のいい後輩に関する難問に正解して貫禄を見せたりと、それぞれの個性を発揮して熱戦を繰り広げた。

また、「徹底討論!声優・朝まで生テレビ」のコーナーでは、それぞれが考えてきた議題について全員で意見交換。鈴木から「No1台本ペンは?」という声優仲間ならではの議題が提示されると、安元の「太くてインクの出がいいから“ジェットストリーム”です!」というこだわりに、西山が「安元さんのオススメを聞いて、僕も買ったんですよ!」と頷く。対して石川は「手元にあるものなら何でも手に取ってチェックしますね」と臨機応変に対応していることを明かしたり、代永が「自分を落ち着かせるために、台本のチェックは青色を使っています」と使う道具に気を遣っていることを明かしたり、普段なかなか番組では交わすことのない職場トークに花を咲かせた。

そして、視聴率が番組内最高値となった企画は、「しょーたんを落とせ!胸キュン選手権!」。このコーナーでは、蒼井を除く8人の出演者がダミーヘッドマイクを使って“蒼井のハートを射止めるセリフ”を囁くコーナーに挑戦。それぞれ個別に用意された“スポット”と“キーワード”を組み合わせて即興セリフを披露。「これを聞けば、みんなドキドキするでしょ?」「みんな(視聴者)に楽しんで欲しいから、口説き文句に“しょーたん”を入れるのはダメ」という蒼井のサービス精神に応じて、他の参加者も思い思いの“口説き文句”を披露。

安元が「観覧車の中」×「ニンニク入れますか?」という難しい組み合わせで見事な口説き文句を披露したり、代永が「終電後の駅前」×「じっくりコトコト煮込んだスープ」の組み合わせで優しい好青年の声を披露すると、鈴木から「アイツ、本気でやってる!」と喝采が上がったりと、出演者たちも大盛り上がり。蒼井の指名により実現した浪川vs西山の最終決戦“ベットでキュンキュンエチュード”では、予想外のシチュエーションを披露した西山が勝利。蒼井からご褒美として、アクリル板越しの投げキッスが贈呈された。

さらに、「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で配信となった『“ほろ酔い”声優パジャマ会議~本編後すぐ!全員参加で2次会?~』では、出演者9人による「フィーリングカップル」を開催。フィーリングの合う“ペア”を求めて、さまざまなアピール合戦を行った。ほろ酔いの9人によるトーク、そして、出演者とスタッフの投票によるMVP(モストバリュアブルパジャマー)には誰が選ばれたのか!?“2次会”も見逃せない展開に。

9人の豪華出演者が自然体で楽しんだ当番組は、ハッシュタグ「#声優パジャマ会議」が世界トレンドと日本トレンドの第1位を獲得し、視聴者からも大きな反響が寄せられた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488