Entame Plex-エンタメプレックス-

関智一と森久保祥太郎が“声優コエマネ”大特訓!


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は18日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 #24』を配信した。
本配信では、最新のアプリを使って昔の自分の写真を動かす「最新アプリで…あの頃の自分にアドバイスしよう~!」や、芸人のムラムラタムラを特別講師として招き、“声優コエマネ”を特訓する「智一の弱点克服!?声優コエマネ講座」などのコーナーを行った。

本配信では、「最新アプリで…あの頃の自分にアドバイスしよう~!」と題したコーナーを実施。“写真と顔を合成して動かす”ことができる最新のバーチャルカメラアプリxpression cameraを使って、昔の自分の写真を動かしていく。画面に表示された写真の顔が、自分に合わせて動く様子に関は「すごい!おもしろ~い!」と驚きの声をあげた。関は6歳頃の写真、森久保は26歳頃の写真を動かし、それぞれ「過去の自分」としてアドバイスを送り合った。

さらに、「智一の弱点克服!?声優コエマネ講座」では、“声優コエマネ”を得意とする芸人のムラムラタムラが特別講師として登場。森久保の「ちょっと待ってくださいよゥ~!」という定番のモノマネセリフや、森久保が演じたキャラクターの「調子はどうだい?ルーキークライマー」に加え、古谷徹のアムロ・レイや、子安武人などの多彩なコエマネを披露。「全然似ないんだよね」という関に、ムラムラタムラは「いかに関さんの声の特徴をなくせるか、が大事です」「口の形や動きを変えます。森久保さんは声が高くて鋭いので……」と唇を意識的に前に出すコツを解説。繰り返し練習する中で、関の“森久保のコエマネ”は明らかに上達していき、スタジオのスタッフからも驚きの声があがった。

さらに、関のコエマネを密かに練習している、というムラムラタムラに、関は自らスネ夫の「のび太のくせに、生意気だぞ~!」というセリフを披露し、さまざまなコツを伝授。「声がもっと高いんです。ハイトーンの声に“しゃがれ”を加えるんです」「最初の方は意地悪そうに声を出して」と本気の指導。関のアドバイスを受けながら、スタジオでは「生意気だぞ~!」の大合唱。少しずつコツを掴んでいくムラムラタムラに「よくなってきた!」と大きく頷き、ムラムラタムラも「次にお会いする時は、もっと完璧に仕上げてきます!」と気合を入れていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488