Entame Plex-エンタメプレックス-

てんちむ、借金返済に奔走「逃げたら全部終わる」


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は10日、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱によるバラエティー番組『極楽とんぼのタイムリミット』#21を配信した。

この日の配信回では、「祝・新成人!今年も加藤は平成生まれの悩みにナイス浩次を出せるのか!?“加藤お悩み相談室SP”」と題し、加藤が若者の悩みをズバッと解決する大好評企画「加藤浩次のお悩み相談室」拡大版2時間SPをお届け。

ゲストには元AKB48でタレントの西野未姫と、恵比寿マスカッツのメンバーでセクシー女優の希島あいりが見届け人として出演。悩める相談者には、『恋愛ドラマな恋がしたい』や『オオカミくんには騙されない』、『恋する1?週末ホームステイ』など、「ABEMA」オリジナル恋愛リアリティーショーへの出演でも注目を集めた、モデルで女優の江野沢愛美、モデルで俳優の曽田陵介、モデルの世良マリカ、インフルエンサーのやまげ、タレントの新田さちから、若者に大人気の美男美女5名が大集合。

さらに、2020年何かと話題を呼んだ、YouTuberのてんちむ、タレントの加藤紗里、お笑いコンビ・TKOの木下隆行、ダイアンの津田篤宏など、“ワケあり芸能人”も登場し、それぞれが抱える悩みを打ち明けた。

番組では、早速、お悩み相談がスタートし、トップバッターの江野沢は「フォロワー数で判断されるのはもう疲れた」と、“SNS疲れ”を告白。「最初は楽しかったけど、今は仕事」と語る江野沢に、加藤は「最初の気持ちが今、なくなってるんだよ、あなた自身に」と指摘し、「最初、ファンは本当に江野沢さんのことが好きで、素の江野沢さんを見ていたと思う。今は“有名な”江野沢さんを見ている。ありがたいんだけど、自分自身が感覚を変えてはダメ」とアドバイス。

続けて、自分自身が初心を忘れてしまうと、「(例として)27万人(のフォロワー)のうち、26万8000人があなたのことを応援しているのに、2000人から誹謗中傷を受けて、それで傷つくようになってしまう」と熱弁。加藤の言葉に江野沢は「誹謗中傷に悩んでいたので、言葉にしてもらえて刺さった。自分がずっと思っていたことだった」と号泣した。

また、現在18歳のやまげは「何歳までインフルエンサーをやるべき?」との悩みを告白。「母やおばあちゃんに進路を話したときに、止められる」「インフルエンサーは収益がバラバラで…」などと、世間体や不安定な収入面などを理由に、不安を感じていると打ち明けます。そんなやまげに加藤は「家族の反対を押し切ってでもやる勇気や根性がないと、壁を超えられないと思う」とし、「不安だったら、やめた方がいい。だって、やってる間ずーっと不安だもん。お金がいくら入るようになっても不安だと思う。今度は“このお金を守りたい”ってなってくる。不安が消えないなら、今の職業には向いていない」と断言。その後、「YouTubeが一番やりたい」というやまげに、加藤は「25歳までやってみっか」「お金が乱高下したとして、そこまでに不安がなくなっていれば続ければいい。25歳なら人生やり直せる」と提案した。

さらに、昨年、自身のプロデュース商品に関するトラブルで約4億円もの借金を抱えたという、てんちむは、プロデュース商品をめぐる炎上騒動の経緯や借金返済に奔走する現状、預金額などを赤裸々に告白。

「逃げたら全部終わると思う。この道で活動したかったら、自分のした事をちゃんと反省して、償うべきだと思う」「ちゃんと行動に移して見せることが大事」と、キッパリと語ったてんちむさんに、加藤さんは「強いね、すごいわ」と、脱帽した。

そして、加藤が「俺も木下と話したい。ずっと話せていないから」と楽しみにしていた木下の番になると、突如、山本から「悲しいお知らせが…。木下さん、昨晩発熱がございまして」と報告が。加藤は、「あいつ何なんだよ」と苦笑を浮かべ、「久々に会うの楽しみだったのに。色々聞きたいこともあるし。ネットニュースでは見てるけど」と、木下の欠席を惜んでいた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
てんちむ×繭が初のフルヌード:映画『妹ちょ。』
http://www.entameplex.com/archives/8979

SKE48 須田亜香里がエロくなる瞬間「ピンマイクを…」
http://www.entameplex.com/archives/51091

筧美和子「リアクションが薄い」Hの時に怒られた過去!
http://www.entameplex.com/archives/56161