Entame Plex-エンタメプレックス-

交際3年の“リアル彼女”登場で芸人が大パニックに!?


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は1月27日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#122を配信した。

この日の配信回では、スタジオゲストにタレント・IMALUを迎え、過去に「『イッテQ!』に出たい」との夢を語っていたお笑いコンビ・きしたかのの高野正成が、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の目に留まるまで、過酷な挑戦をやり続ける企画「きしたかのイッテQ!への道 リアルファイナル!」を実施。

これまで、第1弾はブレイクダンス、第2弾ではフリースタイルフットボール、そして第3弾では、“失敗したら出禁”という名目を掲げ、けん玉に挑戦したが、全て失敗に終わってしまった高野。本来ならば“出禁”であるはずが、その後も番組に出演し続けている高野にケジメをつけるため、本当の“番組出禁”をかけたラストチャレンジの模様をお届けした。

“リアルファイナル”と銘打った今回の競技はヨーヨー。高野は、数ある技の中でも最高難易度とされる“グラインドツイスター”を2週間でマスターできるかに挑戦。

早速、ヨーヨープレイヤー・飯塚知世の指導のもと練習を開始した高野は、スタートから4日目にして目標の“グラインドツイスター”初成功を果たし、本番での成功率アップのための反復練習に集中することに。

しかし、本番を1週間後に控えたところで、突如スランプに陥ってしまう。そんな高野のもとへ、スタッフから「実は今回、高野さん以外にも挑戦している方がいます」との報告が…。これまで一度も成功を見届けることができず、高野さんを信じきれずにいたスタッフが、「どうしても成功の画がほしい」という思いから、保険をかけていたことが明かされ、きしたかのの先輩であるお笑いコンビ・しゃもじのしゅうごパークが参戦していることが告げられた。

この事実に、はじめは「ふざけんなよ!」と不満を露わにしていた高野だったが、「しゅうごパークぶっ潰すよ!その気持ちでやったら大丈夫です」と、その怒りを原動力にし、決意を新たに。そんな中、しゅうごパークは練習開始から9日目にして、課題の“グラインドツイスター”を10回連続で成功。高野も11日目には10回連続成功を達成するなど、驚異的な集中力を発揮。今までにない成長を遂げた2人は、当初の目標である“グラインドツイスター”に加えて、新たな技にも挑戦することに。

各々、仕事やプライベートの合間を縫って特訓に励む高野としゅうごパーク。「人の10倍練習できている」と自負したしゅうごパークは、芸歴18年目の現在もアルバイトを続けていると明かし、「お笑いで家族を養えるぐらいは最低限いきたい」「娘が小学生ぐらいになったとき、海外でロケして笑いをとってるパパ見たら喜ぶ。家族のためにもいきたいですね、『イッテQ!』」と、切実な思いを告白。本番での成功を祈願し、お百度参りを敢行した。

一方、練習12日目を迎え、さらなる追い込みをかける高野。そんな高野を励ますため、相方の岸大将は「サポートしてくれる人を呼びました」と、ある女性を連れてきたのだが…。スタジオから見守る千鳥も「誰?」と困惑する中、ひとり明らかに動揺した様子の高野は「…芸人やってる彼女ですよ」と紹介。謎の女性が、高野さんが3年間内緒で交際している彼女、お笑いコンビ・ゆめなまこのまるゆかであることが判明すると、高野は「バカー!出てくんなよ!」と大パニック。まさかのリアル彼女登場に、スタジオには驚きの声が上がった。

そして、いよいよ迎えた本番では、先に披露したしゅうごパークが見事大成功。これまで一度も見届けることのできなかった成功シーンに、スタジオには大歓声が上がり、千鳥の2人も「お前すごいな!」「努力が見えた」と称賛。感動的な空気に包まれる中、続いて、高野さんが登場し、本当に“出禁”をかけたラストチャンスに挑むも…。果たして、高野は見事成功し、“出禁”を回避できたのか!? 「ABEMAビデオ」にてチェックを。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
千鳥ノブ、ウエストランドやIMALUらに衝撃の暴言を連発
http://www.entameplex.com/archives/60554

千鳥・大悟「浮気相手とペアルックだけはやめてくれ」
http://www.entameplex.com/archives/58675

千鳥ノブ、原田龍二と即興漫才「大ニュースになるぞ!」
http://www.entameplex.com/archives/58273