Entame Plex-エンタメプレックス-

羽多野渉、安元洋貴&仲村宗悟と深~い人生トーク!


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は1日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 月【安元洋貴×仲村宗悟】 #32』を配信した。
本配信では羽多野渉をゲストに迎え「90分ノンストップ!羽多野渉とルーレットーク」と題した特別コーナーを実施。羽多野が大好きな都市伝説をはじめ、ゲームや人生観など、さまざまなテーマでトークを行った。

宇宙人(に扮したスタッフ)と一緒に登場した羽多野は、「アブダクションされて以来だね~」「最近どうしてたの?え、自粛?星に帰れないの?大変だね~」と独り芝居でエンタメ精神を発揮。

そんな羽多野を交え、配信内では「90分ノンストップ!羽多野渉とルーレットーク」と題した特別コーナーを実施。ルーレットで当たった人が、自分の好きなテーマでトークを行う。自粛期間中にハマったゲームの話や、大好きな都市伝説の話など、さまざまなテーマを話す3人。

そうこうしているうちに、テーマは「エゴサ」へ。「エゴサがやめられないんです」「みんな本当に愛をもって呟いていただいていると感じます」「どれも興味を持っていなければ出てこない言葉です。サンクス」とファンへ感謝を伝えた。

さらに話題は“死”についての考え方や人生観に移ります。昔、自分が死ぬときのことを考えて悲しくなったという仲村は「人の優しさって、死を想像できるかどうかだと思うんですよ」と語る。対する羽多野は「死は終わりじゃなくて、次のスタートだと考えている。死に対するマイナスのイメージはないの」「一回の人生で何をしたかが大事で、終わりのことはあまり意識していない」とやりたい事や新しい事に全力で挑戦していることを語った。

一方、安元は「(自分も親しい人も)死ぬこと、すげぇ考えるの」と語り、「安元洋貴という生命体を見てくれている両親やファンは、自分がいなくなったらどうなるんだろう。逆に、大事な人がいなくなったら自分はどうするんだろう……っていっぱい考えちゃう」と話します。そんな安元さんに、羽多野さんも「その通りで、自分自身というのは、自分が成立させていないんだよね。認識してくれている周りの人がいて、自分という存在があるんだと思う!」と大きく頷き、3人とも自分を支えてくれる周囲の人びとの大切さを、あらためて実感していた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488