Entame Plex-エンタメプレックス-

下野紘&内田真礼が「小さくなっちゃった!」


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は2日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#32』を配信した。
本配信では、クロマキー合成(画面合成)で遊ぶ「ミニミニクイズ」のコーナーを実施したほか、火曜恒例の「もしものサブカルトーク」、「声優七変化」、「ダミヘヒーリング」などのコーナーも行った。

本配信では、3月2日の“ミニの日”にちなんで、「ミニミニクイズ」と題した特別コーナーを実施。いつものスタジオとは別室に移動した下野と内田は、緑の背景でスタンバイ。これは「クロマキー合成」と呼ばれる場面合成に使うセット。画面を切り変えると、いつものスタジオには番組スタッフと一緒に、合成映像として2人が登場する。さらに縮尺を調整してミニサイズになると「なにこれ~!」「アベマくんより小さい!」と大はしゃぎ。普段とは違う新鮮な光景を楽しむ。

このコーナーでは、「どっちがミニか?」という2択クイズに答え、不正解だと少しずつ体が小さくなってゆく……というもの。「山寺宏一さんのチーズ役の年数と、TARAKOさんのさくらももこ役の年数、どっちがミニ?」「金田朋子さんと、悠木碧さんの身長は、どっちがミニ?」など絶妙に難しい問題に2人は苦戦していく。

さらには、「内田真礼の、あ~と言い続けられる時間、片足立ちをしていられる時間と、どっちがミニ?」という実技系問題も出題。下野は「片足立ち(の時間の方が短い)」、内田は「あ~と言い続けられる(時間の方が短い)」と予想。内田さんは懸命にバランスをとりますが、息が切れるより先に崩れてしまい、内田が不正解に。

さらに小さくなった内田は、スタジオの小物よりも小さくなる。「もう妖精じゃん!」という下野のツッコミに応じて手を羽ばたかせると、合成操作で宙をふわり。視聴者からも「真礼ちゃんが妖精になっちゃった!」「小さい下野さんもカワイイ!家にほしい!」と、普段から違う2人の様子を楽しむコメントが寄せられた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488