Entame Plex-エンタメプレックス-

『恋ステ』三角関係が完結!とらい「決心はつきました」


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は6日、オリジナル恋愛リアリティーショー
『恋する♥週末ホームステイ 2021冬 Tokyo(以下、恋ステ)』の第8話を配信した。

『恋ステ』は、遠く離れて暮らす地方の高校生たちが週末だけ上京し、3週間限定で東京でのホームステイを行う恋愛リアリティーショー。限られた時間の中で、東京の最新デートスポットを楽しみながら仲を深め、恋に落ちていく様子を追いかける。

本シリーズ最終回となる第8話では、3週間をかけて育んだ高校生9人の恋がついに結末を迎える。“ラストJK”たちの、高校生最後の恋の結末に注目が集まった。

視聴者の注目が最も集まったのは、とらいを巡る三角関係の行方。告白前日まで「マジで寝れないかもしれない」と決断を迷っていたとらいだったが、告白の当日は、「(どうするのか)決心しました」とまっすぐな目で話した。

とらいをギリギリまで真剣に悩ませたのは、ヒナとななかの2人の“ラストJK”。とらいの気持ちが、ここに向いていた頃から、ひたむきにそれぞれのアピール方法で想いを伝えてきた。

ヒナは、パーカーをお揃いで着ること提案したり、とらいの手をとり「ヒナだけを見てほしい」と想いを直球で伝えたりと、堂々としたアピールを続けてきた。また、告白前日には、とらいにリップクリームをプレゼントし、「ウチは(とらいから気持ちは)変わんない」と、これまで同様にストレートな想いを伝えた。「本気なので負けたくはないです。高校生最後に後悔するのは嫌だから」と告白に向けて意気込んでいた。

一方ななかは、会えない間にお互いが使っている香水を交換することを提案したり、女子の中で1人だけが使えるチケットを使って、とらいが住む長野県に約5時間をかけて会いにいくなど、恥ずかしがり屋な性格ながら勇気を出して行動にうつしてきた。ヒナ同様に、「うちのことも考えてほしい」「とらいが一番」など真剣な想いを幾度となく伝えたななか。

そんな2人の姿に視聴者からも「こんなに頑張れるってすごいよ」「2人とも幸せになってほしい」と応援のコメントが毎話寄せられていました。

そして、ついに運命の告白の日。風が吹く屋上で1人待つとらいの元にヒナとななかが姿を現す。ヒナは、「とらいといると1キュンどころか何十キュンもしてしまう」「会えない時間もとらいのことを考えてしまって、好きで好きで仕方ないです」と、溢れる気持ちを伝えた。

ななかは、「不器用なりに頑張って2ショットに誘って、気持ちを伝えてきました」「3週間で好きな人が出来るか不安だったけど、高校生最後に本当に好きになりました」と一生懸命に伝えた。今シリーズ最大の恋の三角形の結末は…?

史上最多のカップルの誕生となった本シリーズの最終告白結果は、現在「ABEMAビデオ」にて配信中なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
『恋ステ』新シーズン主題歌、Rin音とA夏目ラッパー起用
http://www.entameplex.com/archives/61806

『恋ステ』高校時代最後の恋なのに好きな人は友達と一緒
http://www.entameplex.com/archives/61539

“神回”と話題の『恋ステ 2020冬 Tokyo』の特番決定!
http://www.entameplex.com/archives/61274