Entame Plex-エンタメプレックス-

元・モー娘。加護亜依、戦友・辻希美との意外な関係性


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は10日、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱によるバラエティ番組『迷えるとんぼちゃん』の#2を放送した。

『迷えるとんぼちゃん』は、極楽とんぼの2人が毎回ゲストと本音でぶつかり合う、超爽快お悩み相談バラエティ。#2のゲストは、元・モーニング娘。の加護亜依。幼い頃から国民的アイドルとして活躍し、現在は34歳で2児の母となった加護を迎え、極楽とんぼの2人、元AKB48でタレントの西野未姫とともに、居酒屋でざっくばらんにお悩み相談を繰り広げた。

極楽とんぼの2人と21年ぶりの再会となった加護は、「モー娘。時代にめちゃイケの企画でお会いしたのが最後」と語るも、覚えていない様子の加藤。「私、加藤さんに泣かされましたよ!」と苦い思い出を語りながら、久々の再会を喜んだ。

一般の方から寄せられた加護への印象では、「ヤンチャなイメージ」「ちょっと闇がありそう」などの声が多く集まった。10代の頃の騒動をきっかけに、「加護ちゃんは不良というイメージになった」と語る加藤は、「喫煙のきっかけは?」と直球な質問をぶつけていった。

すると加護は、「おばあちゃんがたばこを吸っているのを見て興味がわいた」「ハスキーな声に憧れた」など赤裸々に告白。ミニモニ。として活動しているときは、真逆のイメージである漫画「NANA」のような女の子に憧れ、「違う自分を知ってみたかった」という本音も打ち明けた。

また、一般の方からは元モー娘。メンバーとの関係性への質問も。「辻ちゃんとは今も仲が良い?」という質問には「昔からお互い興味がない」とはっきり回答。意外な答えに驚く加藤がさらに深掘りすると、「真逆の性格で、家も知らない」という事実や、世間から「辻ちゃんは良いママ、加護ちゃんは悪いママ」と比較されることもあると打ち明けた。

一方で似た者同士な面も多く、「友達でもなく家族でもなく、辻ちゃんは完全な戦友」と告白。また先輩の矢口真里については「矢口さんは一番大好き、心地よかった」と語りながら、オーディションやアイドル時代の思い出などを語った。

「謹慎中はどう過ごしていたの?」と聞かれると、衝撃的な出来事を紹介。謹慎中に訪れたロサンゼルスで友人に招かれたホームパーティーを訪れた際、ハリウッド女優・ウィノナ・ライダーと偶然出会ったことを明かした。当時、万引き事件で世間を騒がせていたウィノナに「事務所を解雇になってLAに来た」と話した加護。するとウィノナは「私なんてこの間万引きしたわよ」と伝え、たばこの空箱に連絡先を書いて渡してきたことも告白。

事件後に再起して活躍するウィノナが口にした「人生はまだ長いんだから気にするな」という言葉に勇気づけられたと語った。また、「喫煙騒動があったからこそ、今も頑張る気持ちにつながっている」と当時を振り返った。

世間から抱かれているダークなイメージとは裏腹に、「私は本当はすごい明るい子」と話す加護。一方で、「幸せに魅力を感じない」「自分に幸せは不要」と考えている本音も激白。加藤がその理由を深掘ると、「飽きちゃうから、満たされるのが怖い」というストイックな考えを明かした。幸せで満たされるまでの過程が好きだという加護に対し、極楽とんぼの2人は「闇深い」「どういうこと?」とのリアクション。しかし同じくアイドルグループでの活動を経験してきた西野は、「分かります、アイドルあるあるかも」と共感。恋愛でも仕事でも「幸せの次は不幸が来るかも」「もっと上を目指さないといけない感覚」と話す加護と西野に対し、加藤が唱えた異論とは…?

番組後半には、加護さんのYouTube「加護ちゃんねる」の撮影の裏側に密着したVTRも公開。
「登録者数300万人を目指している」「今後はYouTubeで歌番組をやりたい」と語り、歌手として生きていきたいという夢を明かした。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

SKE48 須田亜香里がエロくなる瞬間「ピンマイクを…」
http://www.entameplex.com/archives/51091

筧美和子「リアクションが薄い」Hの時に怒られた過去!
http://www.entameplex.com/archives/56161