Entame Plex-エンタメプレックス-

社長に人気!?お叱り代行で浪川大輔&細谷佳正を公開説教


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は7日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 木【浪川大輔×細谷佳正】#12』を放送した。

本放送では、普段触れることのない世界の住民たちに話を聞いていく「声優の知らない世界2022」と題したコーナーを実施した。今回は“代行サービス業”を深掘り。代行・代理出席専門会社ファミリーロマンスの代表取締役・石井氏を迎え、恋人代行や、家族の代行など、さまざまな代行サービスを提供しているというそのお仕事の裏側を教えてもらった。

結婚式の代理出席や、レンタル彼氏のほか、別れた旦那として子供に父親として会うレンタル夫まで、幅広い代行をこなしてきたという石井氏に2人は「すげぇ!」「おもしろ!」と興味津々で、冒頭から質問を連発。また、実際に新郎や新婦役を務める“新郎新婦の代行サービス”の話題では、「代行で8回結婚しているんです」とサラッと放った石井氏に2人は「どういうこと!?」と大困惑。実際にはパートナーがいるものの、厳しい親に紹介できない相手と結婚する時に利用されることが多いと依頼主の事情を明かす。

両家の挨拶から長いスパンでかりそめのパートナーを演じ、結婚式当日までを演出するという衝撃のサービスに、浪川は「すごい発想じゃない!?」と唖然とする。その後も、石井氏から衝撃発言が続出。海外の映画監督から「ファミリーロマンスという会社を映画化したい」というオファーを受け、カンヌ国際映画祭でも上映された代行サービスの映画に主演として出演していたり、さまざまな職種の人がファミリーロマンスのスタッフとして登録しているなかで声優や市議会委員もいることを明かしたりと、サラッと衝撃事実を明かしていく石井氏に2人は、「ブラピと並んだ!?」「主演石井!?」「声優もいるの!?」とパニックに。ほかにも、怒られたい人に希望の説教を提供する“お叱り代行”や、夜に1人で寂しい人に友達としてメッセージのやりとりをする“孤独LINEトーク代行”などのマニアックなサービスが語られ、代行サービスのディープな世界にどっぷり浸った2人。

細谷は「(代行サービス)いいなって思っちゃいました」と話し「“一緒に飲みに行って欲しい代行”とか。気を使わずに一緒に飲んでくれたら良いなって」とやってほしい代行を提案した。

また、コーナーの後半には、実際に“お叱り代行”を受けてみる場面も。歳を重ねると、叱られることもなくなっていくため、特に社長に人気のサービスの一つだという石井。「みんな叱られたいんですか!?」と疑心暗鬼になる2人をよそに、リピート率No.1だと言う石井氏自慢のスタッフによる“お叱り代行”サービスを体験してもらうことに。まず最初に“ネチネチ系”の説教を受けた浪川。ネチネチとお叱りを受けながらも、最後は前向きにさせてくれる説教に、浪川はどこかスッキリした表情で「嫌な思いはしなかった。ズバリあってることも言ってくるじゃん。ちょっと楽しい」と語った。

続く細谷は“怒鳴り系”の説教を受けることに。「怖いな~」と緊張の表情を見せる細谷に、浪川は「細谷くんが怒鳴られるの初めてみるな」嬉しそうに話した。そして、石井氏が最強と推すスタッフから思いっきり叱られ、臨戦態勢へ入ろうとする細谷に、別室で見守る浪川はニヤニヤ。その後、愛のある叱りに細谷さんにも笑みが溢れたところで無事にサービスが終了すると、細谷は「愛情を感じましたね。理不尽に叱りたいわけではないんだと思ってからは大丈夫でした」とレアな体験を振り返った。

(C)AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488