Entame Plex-エンタメプレックス-

浪川大輔が小学生時代の“過ち”を謝罪!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は28日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 木【浪川大輔×細谷佳正】#14』を放送した。

本放送では、「夏休み突入企画!少年時代を思い出してみよう!」と題した企画を実施。浪川と細谷に少年時代を思い出してもらうべく、懐かしグッズとともにさまざまなあそびを実施した。

まずは、小学校で使った懐かしいアイテムの名前と使い方を当てる「コレ覚えてる?クイズ!」に挑戦。理科の実験で使ったメスシリンダー、版画などで使うバレン、アサガオの支柱、百葉箱などが出題され、アサガオの支柱では、細谷が「父がめちゃくちゃやる気で、僕のアサガオだけトトロの家みたいになってた」「それを持っていくのが大変で…」と父親との思い出を語ったり、百葉箱では「鳩の家」と即答した浪川が「鳩ハウス」「ハウスオブ鳩」とボケを連発したりと、笑いも挟みつつクイズを楽しんでいった。

また、裁縫で使うチャコペンが出題された際には、浪川が約35年前の過ちを告白。「家庭科5だったんですよ」と話す浪川に細谷も驚くと、その後すぐに神妙な面持ちになった浪川は「今だから言えるんですけど……全部、姉貴とお袋が作っていました。どうもすいませんでした」とカメラに向かって謝罪。

「如何に学校で自分の能力を隠すかに特化してた。人前じゃ縫いませんって。鶴の恩返しみたいな」とバレないように必死だった思い出が語られ、スタジオは笑いに包まれた。

ほかには、2人が小学生だった80年代のおもちゃで遊ぶコーナーも。パッチンガム、スリンキー、ゲーム&ウオッチなどが登場し、2人は「うわぁ懐かし~!」「これはテンションあがる!」「あったわ~」と大興奮で昔のおもちゃで遊んでいく。そして最後には、ジャンケンに勝ったらカードがもらえるメダルゲーム「ジャンケンマン」と対決。

一発で勝利し“ねこちょ銀行”のカードをゲットした細谷。一方の浪川は4回連続で負け続け、ゲーム機からは負けた際の「ズコッ」という音が哀しげに鳴り響いた。その後、無言でゲームの前から立ち去り「こんなことある?」「アイツつえーじゃん」「ズコッの言い方よ」と嘆いた浪川。バラエティの神が舞い降りた浪川に、スタジオは再び大きな笑いに包まれた。

(C)AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
関智一&仲村宗悟が“恋バナ”で大盛り上がり!
http://www.entameplex.com/archives/70335

下野紘&内田真礼、新人ADの悩みに処世術を伝授!?
http://www.entameplex.com/archives/70233

石川界人「自分の口臭で気絶しそう。涙でるわ」と大悶絶
http://www.entameplex.com/archives/70201