Entame Plex-エンタメプレックス-

岡本信彦&鬼頭明里の「一番痛かった時の話」に驚愕の嵐


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は15日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 月【安元洋貴×岡本信彦】#17』を放送した。

本放送にゲストで出演した鬼頭明里は、岡本と同じ事務所の後輩であり、安元とも数々の作品で共演している気心知れた仲。オープニングから軽快なトークで番組がスタート。

そんな番組内では、岡本と鬼頭が出演するゲーム『Tower of Fantasy 幻塔』とのコラボ企画を実施。ゲームをプレイしながら、その魅力を深掘りしました。『Tower of Fantasy 幻塔』は、自分で自由にキャラメイクしたキャラクターでフィールドを冒険していくSFオープンワールドRPG。鬼頭、岡本のキャラクター紹介とともに、2人からキャラクターボイスも生披露され、スタジオが盛り上がったところで、早速安元がゲームを体験。

キャラメイクやガチャに挑戦し、キャラメイクでは猫耳をつけたイケメンなキャラを作り上げる安元に、岡本が「アイドルみたいになりましたね」とツッコミを入れたり、ガチャでは、安元が3回目にしてSSRを引き当てる運の強さを見せ、岡本と鬼頭は「すごい!」「安元さんさすがっすわ!」とびっくり。

さらには、鬼頭、岡本も自身のキャラクターで加わりマルチプレイでオープンワールドを探索することに。遊園地で遊んだ際には、メリーゴ―ランドに安元と岡本が2人乗りをしてしまい、「恥ずかしいよ」「鬼頭ちゃんと乗りたかったよ」と嘆く安元の一方で、岡本が「離れられない運命なんだよ」と嬉しそうに話したり、ジェットコースターに乗ろうとするも岡本だけ乗り遅れたり、笑いに包まれながらプレイを楽しんでいった。

そして最後には、番組内で呼びかけた視聴者とともに、オープンワールド内で記念写真撮影も行い、たっぷりとゲームを楽しんだ3人。ゲームを初体験した安元は「こういう遊び方もできるっていいね」と振り返り、満足そうにコーナーを締めた。

ほかにも番組内では、“一番”をテーマにしたお題をもとにトークをする「一番〇〇の話」を実施。安元が提案した「一番痛かった時の話」では、岡本と鬼頭が幼少期の痛い思い出を告白。もともと痛みには強かったという岡本だが、3本あった前歯を麻酔なしで1本抜いたというエピソードを明かし、「ただ、(母親が)流石のあんたもポロッと涙が出てたねって言ってました(笑)」と笑いながら話す岡本に、2人は「いや無理だよ!」「想像しただけで痛い」と驚愕。

また、鬼頭からは「前歯の歯茎が強すぎて、大人の歯が伸びてきているのに破れずにいて、歯茎をハサミで切られて…麻酔が切れてきたときめちゃくちゃ痛くてずっとガーゼ噛んでました」という衝撃エピソードが飛び出し、安元は「歯茎をハサミは信じられないよ!」とその痛さを想像するも「“私の歯茎が強すぎて”がじわじわきています」と思わず爆笑していた。

(C)AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
関智一&仲村宗悟が“恋バナ”で大盛り上がり!
http://www.entameplex.com/archives/70335

下野紘&内田真礼、新人ADの悩みに処世術を伝授!?
http://www.entameplex.com/archives/70233

石川界人「自分の口臭で気絶しそう。涙でるわ」と大悶絶
http://www.entameplex.com/archives/70201