Entame Plex-エンタメプレックス-

映画好きに調査、「アカデミー賞作品賞」を大予想!

0226aca01

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)は、2月14〜20日までの期間において、Tカードを利用している全国の男女1,257名の会員を対象に、インターネットでの「Tアンケート」によって『アカデミー賞に関するアンケート調査』を実施した。

今年で第86回目の開催となる「アカデミー賞」。授賞式は日本時間の3月3日午前9時に行われるが、今回のアンケートで映画が「とても好き」と回答した442名に対し、アカデミー賞作品賞の受賞作を予測してもらったところ、最有力候補だと考える本命に選ばれた作品は「ゼロ・グラビティ」(31.7%)、その対抗に選ばれたのは「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(23.3%)。番狂わせ大穴には「それでも夜は明ける」(14.0%)と「アメリカン・ハッスル」(13.3%)が選ばれる結果となった。

一方、全国のTSUTAYA店舗のレンタルDVDの商品担当責任者であるマーチャンダイザー(MD)の予想では、本命に「ゼロ・グラビティ」、対抗は「それでも夜は明ける」と「アメリカン・ハッスル」、そして大穴に「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。それに対し、本当に面白い映画を発掘するコーナー「TSUTAYA発掘良品」を手掛けるディレクターは本命に「アメリカン・ハッスル」、対抗は「それでも夜は明ける」、そして大穴には「ゼロ・グラビティ」を選んだ。

この予想理由として、MDは「前哨戦やノミネート状況から「それでも夜は明ける」「アメリカン・ハッスル」「ゼロ・グラビティ」以外の受賞はまずないと考えています。正直どの作品が受賞してもおかしくないほど、今年のアカデミー賞は大混戦です。」とコメントしている。

0226aca02

続いて、歴代のアカデミー賞作品賞受賞作品の中から、ベスト・オブ・アカデミー賞作品賞をひとつ選んでもらったところ、1位は第70回で受賞した「タイタニック」が26.2%と圧倒的多数で、2位には第12回の「風と共に去りぬ」と第76回の「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」が2本同率の7.3%という結果となった。

さらに、CCCが提供しているデータ分析サービス「DB Watch」により延べ3,857万回のレンタル回数を超える、アカデミー賞作品賞を受賞した映画作品の歴代レンタルDVD(VHS)ランキングを調べたところ、結果は1位が「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」、2位は「グラディエーター」、3位が「タイタニック」、4位が「フォレスト・ガンプ/一期一会」、5位が「羊たちの沈黙」といった作品が名があがった。

<関連サイト>
黄金コンビの新作がゴールデン・グローブにノミネート http://www.entameplex.com/archives/5269