Entame Plex-エンタメプレックス-

RHYMESTER、TEEもをゲストに迎え、lecca感動のZeppツアーファイナル!


昨年12月に8枚目のオリジナルアルバム「TOP JUNCTION」をリリースしたleccaの全国ツアー『lecca LIVE TOUR 2014“TOP JUNCTION”』のファイナルとなる東京公演が、26日にZepp TOKYOで行われた。

同アルバムのオープニングチューン「RUNWAY」で大人っぽいシックなジャケットスタイルのleccaが登場すると、会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。前半戦では「スタートライン」や、「ファミリア」、そして「紅空」などの人気曲に、同世代女性からの支持の高い「ヤマトナデシコ」、「ミソ-gal」、「働く女の子」などleccaらしいナンバーを上手く織り交ぜた構成でファンを盛り上げた。

“ヒップホップやレゲエを聴いてきた人は、無駄に心が強い!”というMCから、「あいあん・はあと」、そして「100年の明日」という最新アルバム収録ナンバーを立て続けに披露し、ライブは後半戦に突入。東京では初披露となる、彼女の隠れ人気曲「マタイツカ」では、“別れて忘れられない人、みんなの大事な人を想い浮かべながら聴いて下さい!”と、lecca本人がピアノを演奏しながら歌を披露し、ファンを驚かせた。

そして、“色々な別れがあり、次は前向きな別れの歌です!”とleccaが語り、本日1人目のゲストであるTEEがステージに現れ、デュエット曲「Back to U」を壮大に歌い上げ、会場は何とも温かい空気に包まれた。

終盤には「For You」、「My measure」のヒット曲を立て続けに歌い、会場を盛り上げた後、“自分の毎日にもう少しワクワクしてみよう!”というleccaからのメッセージを挟んでの「SOLA」では、楽曲の持つ世界観とリンクしたモニター映像と共に、オーディエンスを更に興奮させ、この日最高潮の盛り上がりで会場は一体感に包まれた。

そして最新アルバムのテーマでもある、“ここがみんなのJUNCTION=分岐点、自分が楽を出来る方向を選んでいては駄目。この道を選べば、どんな辛いことがあっても乗り越えられると思え。頑張ることが出来る道を選んで進んで行こう!”というleccaのMCにより「JUNCTION」を披露し、ライブ本編は終了。

オーディエンスからのleccaコールにより迎えたアンコールでは、この日2組目となるゲストであるRHYMESTERが登場し、アルバムリード曲「Sky is the Limit」を初披露! 宇多丸が“皆さんが目撃者です!”と語った、奇跡のコラボレーションの実現にファンからは大きな歓声が巻き起こった。

また、この日のアンコールのMCでは、アルバムを夏にリリースすることを計画していることが突如発表された。

<関連サイト>
lecca http://avex.jp/lecca/
レゲエ界のスター来日公演にleccaが参戦 http://www.entameplex.com/archives/5875