Entame Plex-エンタメプレックス-

坂本美雨×小室哲哉、公開収録ライブを開催!


坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのトーク番組『ディア・フレンズ』では、番組の公開収録を兼ねたライブイベント『ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉Supported by あ・う・て』振替公演を、4月5日、TOKYO FMホールにて開催した。

本公演は2月1日開催予定だったが、前日にゲストの小室哲哉が事故に遭い延期となったその振替公演で、貴重なトークと共に、ライブでは小室がglobe、渡辺美里への提供曲をピアノソロで披露。さらに坂本と共に、小室のソロ曲「永遠と名づけてデイドリーム」、華原朋美「Love brace」など計4曲をセッションした。この日の模様は4月10日(木)の番組で放送される。

番組パーソナリティの坂本美雨は、「大事にいたらず、本当に良かったと思っています」と冒頭で挨拶しゲストの小室哲哉を紹介。小室は「元気ですよ!」と会場に向けて挨拶し、二人は握手を交わして公開収録トークがスタートした。
坂本美雨は7歳の時からのTMネットワーク、小室哲哉の大ファンだといい、番組のゲストに迎えるのも今回で4回目。小室は4月2日にソロアルバム「TETSUYA KOMURO EDM TOKYO」をリリースし、「久々に満足のいく作品ができました」とコメント。玉置浩二とのコラボ曲も収録されており「シンセサイザーに合う声だと以前から思っていて、手紙を書いて依頼した。一緒に朝ごはんを食べたり、長い時間を過ごしたけれど、ずっとあのままのテンションの方だった(笑)」とエピソードを語った。

また、4月21日にTMネットワークがデビュー30周年を迎えることに話が及ぶと、会場からは拍手が。翌日4月22日にはニューシングルと、セルフリプロダクトアルバムを発売する。さらに、4月26日からは全国ツアーも始まるが、「最近は3人だけのグループチャットで話したりしている。いい時代になりましたね。でも、なぜかスタンプは僕しか使わないんだよね(笑)」と意外な一面も披露し、和やかな雰囲気で貴重なトーク&ライブは終了した。

<関連サイト>
「ディア・フレンズ」番組HP http://www.tfm.co.jp/dear/
小室哲哉、最新作でEDMを取り入れ、さらには玉置浩二とコラボ! http://www.entameplex.com/archives/9004