Entame Plex-エンタメプレックス-

職業、アイドル。弱点、演技が下手!? 菊地亜美に直撃取材


6月21日(土)より公開の、ケヴィン・コスナーが4年ぶりに主演を務めた映画『ラストミッション』のPRアクションイベントが本日18日、都内にて行われ、俳優の藤岡弘、とアイドルグループ:アイドリング!!!のメンバー、菊地亜美が出席した。

菊地は、劇中に登場するミステリアスな女性エージェント:ヴィヴィを意識したというセクシーな衣装を身に纏いレッドカーペットに姿を現すと「いつもはカラフルな衣装が多くて、あまり黒っぽい衣装を着ないので、いつもと違った雰囲気で緊張してます」とコメント。すると、藤岡が映画にも登場したプジョーRCZを巧みに乗りこなし、エンジン音を轟かせながらカーアクションで颯爽と登場。さらに10人の刺客をなぎ倒す立ち回りアクションも披露した。

藤岡の男らしい立ち振る舞いに菊地は「目の前でアクションを見るのが初めてでかっこよかった。藤岡さんとお会いするのは初めてなのに、すごくレディーファーストで全部に感激です! こんなイケメン、20代では見たことないです」と興奮気味に話し「ローラちゃんがよくテレビで『藤岡さんみたいな方と結婚したい』と言ってたのを観てたけど、私も立候補したいです」とダンディーな藤岡にメロメロの様子。

菊地の第一印象について藤岡は「素敵な方ですね」と口にすると、菊地は「普通の方は、わたしを見て素敵な方とはあまり言わないですから(笑)。芸人さんとイベントとかに出ても、まずそういう立ち位置じゃないので……。本当に嬉しいです」と自虐的に笑いを誘っていた。

そして、今回Entame Plex編集部では、イベント直後の菊地亜美に直撃インタビューを敢行!

――映画『ラストミッション』で一番印象に残ったシーンは?
「幼少時代にお父さんが居なくて、16歳だけど自転車に乗れない娘と(ケヴィン・コスナー演じる主人公の)お父さんが、一緒に練習するシーンですね。仕事で5年間家を出ててギクシャクしてたけど、そこでわだかまりが解けたというか……すごくほっこりしました」

――菊地さんも地元・北海道を離れ上京しているので、重なる点があったりしましたか?
「わたしは14歳のころ反抗期で(笑)、16歳で上京して離れて暮らして、あんなこと言わなきゃ良かったって反省しましたね。今はお父さんと電話するだけでウルッときて、時々泣いちゃいます」

――作品のポスタービジュアルのキャッチコピーで「職業、スパイ。弱点、16歳の娘。」とありますが、菊地さんの場合「職業、アイドル。」に続く弱点、○○は何でしょう?
「いっぱいあるんですけど(笑)、演技が下手とか!? よくインタビューとかで、演技に興味ないですか? とか聞かれるんですけどね」

――次まさにその質問をしようと思っていたところでした(笑)。
「興味ないもなにも、あるんですけどね! みたいな(笑)。演技に自信がないので、それが弱点ですね。オファーがあれば出たいです! でもそれに伴う演技の実力がヤバイなっていう(苦笑)」

――本作では、主人公が余命3ヶ月を宣告されますが、もしも菊地さんが同じ境遇になったら?
「家族に会うのが、半年に一回とか一年に一回会うか会わないかくらいなので、そう宣告されたら実家に帰りますね。仕事大好きでずっとやっていたい気持ちもあるけど、余命3ヶ月だったら実家に帰ってゆっくりするか、家族全員をこっちに呼んで仕事するか……ですね」

――最後に、仕事・プライベート問わず、新しく挑戦してみたいことはありますか?
「街中を歩いてると自分のポスターがあるっていうのが憧れなんです。街中にボンッ! って“菊・地・亜・美”って出られるようになりたいです! そうなれるように頑張ります」

本作のポスタービジュアルを菊地亜美バージョンで作ると「職業、アイドル。弱点、演技が下手」。弱点を克服し、スクリーンで菊地の演技を目にする日を、そして街中で彼女のポスターを目にする日が来るのか!?

映画『ラストミッション』は、6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー。

©2013 3DTK INC.

<関連サイト>
『ラストミッション』 http://lastmission.jp/
芸能界の父親たちが弱点をさらけ出す!? 映画「ラストミッション」コラボポスター公開 http://www.entameplex.com/archives/11883