Entame Plex-エンタメプレックス-

打倒「マレフィセント」! 玉木宏が主演作「幕末高校生」出航イベントで堂々宣言


7月26日公開の映画「幕末高校生」の出航イベントが、本日17日東京・お台場で行われ、主演の玉木宏をはじめ、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、伊武雅刀、佐藤浩市、李闘士男監督が登壇した。

今回のイベントは、映画の主人公である勝海舟にちなんで、出演者たちが東京湾を就航する観光船“海舟”号に乗って登場。あいにくの曇り空の中、久々に船に乗ったという石原は「とても気持ちよかったです。清々しくて、温かい気持ちになれるのは、この映画に似ているなと思いました」と本作と絡めて笑顔でコメント。

この日は、これまた勝海舟にちなんだ様々な質問が登壇者たちになされ、まずは“今勝ちたいものは?”という質問に玉木は「『マレフィセント』に勝ちたいです!」と勢いよく回答。「できることならランキングで1位をとれたらうれしいですね」と今作にかける思いを語った。一方で、石原、柄本、川口、千葉は、それぞれ「朝が弱い自分に勝ちたい」(石原)、「怠け癖、三日坊主なところがあるので、そんな自分に」(柄本)、「いま風邪っぴきなので、病気をしないように」(川口)、「こういう場に慣れていないので、気の利いたコメントができるよう、そういう重圧に勝ちたい」(千葉)とプライベートと絡めたコメントを披露した。

次に、“喝を入れたいものは?”という質問には、「先日洗濯機が壊れたので、洗濯機に」(石原)、「シルバーシートに座る若者に」(伊武)と答えるなか、玉木は「僕は食いしん坊で肉が好きなので、自分の胃袋にトン“カツ”を入れたい(笑)」とまさかのダジャレ回答。これには、出演者たちも失笑を隠せずざわつく会場。また、佐藤浩市も「日本映画界に!」と勢いよく言ったかと思えば、「ごめんなさい、ウソです……」とすぐさま謝罪し、会場の笑いを誘っていた。

映画「幕末高校生」は、高校生とその担任教師が幕末にタイムスリップし、 そこで玉木演じる勝海舟と出会い、日本の歴史を左右する大きな流れの中へと巻き込まれていくエンタテインメント時代劇。7月26日より全国ロードショー。

<関連サイト>
「幕末高校生」 http://www.bakumatsu-kokosei.jp
映画「幕末高校生」主演の玉木宏インタビュー“日本の歴史を残していきたい” http://www.entameplex.com/archives/12840