Entame Plex-エンタメプレックス-

ももクロ、『ドラゴンボールZ』コスプレ姿で“かめはめ波”


本日4月18日に公開を迎えた劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の初日舞台挨拶が行われ、野沢雅子(孫悟空・孫悟飯役)、堀川りょう(ベジータ役)、佐藤正治(亀仙人役)、花江夏樹(ジャコ役)、同作の主題歌を担当し、ゲスト声優としても参加したももいろクローバーZ(以下、ももクロ)の百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに、そして山室直儀監督が登壇した。

百田は孫悟空、玉井はベジータ、佐々木はトランクスとブルマ、有安はチャオズ、高城はピッコロ、とももクロメンバーそれぞれが、主題歌「『Z』の誓い」(4月29日発売)のミュージックビデオで扮した“弟子”をイメージした衣装で登場すると、観客からは「可愛いー!」と、どよめきと歓声が。

高城が「ミュージックビデオでは、『Z』戦士と復活の『F』ということで、Zバージョンとフリーザバージョンの両方を振り付けに取り入れてみました」と、MVの見どころを語ると、有安は「いつもサビではメンバーみんなで同じ振り付けを踊ることが多いんですけど、今回は夏菜子から順番にフリーザからZ戦士になっていくように振り付けがバラバラになっていて、最後に(全員が)ひとつになるっていう今までにない感じになっています」とアピール。

また、舞台挨拶の最後には、劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が、5月1日の台湾、香港での公開を皮切りに世界74の国と地域で公開されることが発表された。世界28ヶ国で公開された前作『ドラゴンボールZ 神と神』を遥かに凌ぐ今回の発表を受け、野沢は「凄い! 嬉しくて興奮します」、堀川も「素晴らしい! 快挙としか言いようがない。それだけ世界中に愛されているということを改めて感じます」と興奮気味に語った。


舞台挨拶には本作のキャラクター孫悟空とベジータも登場。ヒットを祈願して、最後に観客とともに“かめはめ波”ポーズを全員で決めて、華々しく舞台挨拶を締め括った。

劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、本日18日より660スクリーン(2D/3D/4DX/IMAX3D)にて全国超拡大公開!

©バードスタジオ/集英社 ©「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

<関連サイト>
劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 http://www.dragonball2015.com/
ももいろクローバーZ http://www.momoclo.net
ももクロ、コスプレ姿で“かめはめ波”劇場版「ドラゴンボールZ」で声優挑戦! http://www.entameplex.com/archives/18611