Entame Plex-エンタメプレックス-

大泉洋が武田真治の暴力性を暴露!?「それで僕いまだに独身とかではないです!」


映画「駆込み女と駆出し男」の初日舞台挨拶が5月16日、都内にて行われ、“暴力的な!?”撮影現場が出演者たちによって明かされた。

舞台挨拶には、主演の大泉洋はじめ、戸田恵梨香、満島ひかり、キムラ緑子、内山理名、武田真治、そしてメガホンを執った原田眞人監督が登壇し、映画の魅力を語った。

本作は、江戸時代の駆込み寺を舞台に、離縁調停人が男と女のもつれた愛の糸を解きほぐし、ワケあり女たちの人生再出発を手助けする、笑いと涙の人情エンタテインメント。

大泉は、「映画の余韻に浸っているところ本当に申し訳ない。その余韻を台無しにするわたくしのトークがこれから始まってゆくわけでございます」と挨拶し、しっかりと観客の心をつかんだ。その後、ヒロインを演じる戸田恵梨香の紹介があると、会場からは黄色い声援が飛ぶと、大泉は「どうもありがとう!!」となぜか手を振り返し「俺のときにも言ってよかったんだぜ?」と、チクリと一言。

また、印象に残るシーンを聞かれた大泉は“首を吊られるシーン”をチョイスし、「スタントマンさんが来てらっしゃったので、ぐっと上がったところで変わるはずが、監督のカットが遅くて吊られてしまったっていう……私、ホントに吊られたんですよ!?」と、原田監督を非難。

すると原田監督は、「たしかにカットは遅れた。でもいい顔してるんですよね」と笑顔で弁明すると、大泉は「ホントに首吊られてますからね!! いい顔するでしょ、そりゃ!」とツッコミを入れていた。

また戸田も、満島を背負って階段を上がるシーンで、監督のカットが遅いことを指摘。「何度も練習して足がガタついているのに、本番で『まだかよまだかよ!』って」と、大泉に同意した。

中盤には、主人公の淑母・三代目柏屋源兵衛を演じた樹木希林が、ビデオメッセージでエールを送る一幕も。

内山は、樹木との対面シーンに圧倒されたとのことで、「樹木さんが、私の訴えをじっと目をつぶって聞いてるんですよ。それが本当に寝ているようで、より役で必死感が出た」と、感想を述べた。すると大泉は「ホントに寝てたんじゃねえかっていうね(笑)」と、ツッコミを入れる。

映画で”暴力夫”を演じた武田は、戸田に暴力を振るうシーンでスタントマンがいないことに驚いたという。「監督に、『じゃ、やってみようか』って言われて」「肩を蹴るのでパッド入れてきてくれって頼んだら、戸田さんは『このままいきましょう』って。戸田さんそういうタイプ!?って」と現場での戸惑いを語った。

結局、「面白いから寄りも撮っとこう」との監督の要望で、武田は2度も戸田を思い切り蹴飛ばしたとのことだ。原田監督は「女たちが虐げられるのを象徴する大事なシーン。いろいろな方向から撮り、武田真治がいかに残酷な男か分かるように力を入れた」と、満足げな顔を見せた。

あぜんとした武田は「…やりたくはなかったんです! 台本の…」と観客にアピール。しかし大泉が「まったく殺陣師の動きがついてなくて、自分で考えてやったってことでしょ!? 自分に『何か』ないとできないです。ああいうことは」とバッサリ斬り捨てた。

追い詰められた武田が「いやいやいや! それで僕いまだに独身とかではない。そういうのはないです!」と慌てると、会場からは爆笑が起こった。

最後には大入り成就を祈り、映画の舞台となる江戸時代にちなんで、同時代に誕生した「鏡開き」を登壇者全員で行った。

原田監督は「ここから出たあとは、『書き込み女と書出し男』になって、いろいろ(SNSに)書いてもらって、長い目でこの作品を見てやってください」と観客にアピールし、場を締めくくった。

映画「駆込み女と駆出し男」は全国公開中。

© 2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

<関連サイト>
「駆込み女と駆出し男」 http://kakekomi-movie.jp
江戸時代は今より離婚が多かった!? 当時の離婚事情を描いた大泉洋主演作の予告編公開 http://www.entameplex.com/archives/19697