Entame Plex-エンタメプレックス-

伝説の漫才がDVDで復活! ベイブルースの漫才映像が初の映像化


昨年10月31日に公開された感動作「ベイブルース ~25歳と364日~」のDVDが、7月8日(水)に発売となる。その特典映像に、ベイブルースの当時の漫才映像が収録されることが明らかになった。

20年前の10月31日、26歳の誕生日前日にこの世を去った1人の漫才師の物語を、相方・高山トモヒロがメガホンを執り映像化。特に芸人までもが口を揃えて絶賛した劇中での漫才シーンでは、当時とまったく同じネタの漫才に彼らの姿を重ね、涙を流す人も多かったとのこと。

今まで、ベイブルースの漫才は映像化されていなかったが、本作のDVD化に合わせて在阪局の協力も得て、局に残る漫才映像の中から高山が選び、特典映像として収録されることとなった。収録されるのは1991年6月1日放送の「お笑いネットワーク」(読売テレビ)で披露された漫才。このネタは、劇中にてベイブルース役の波岡一喜と趙 珉和が完全コピーしたネタと同じ漫才。まさに、永久保存版とも言うべきベイブルース本人による漫才映像がDVDで蘇る。

映画「ベイブルース~25歳と364日~」のDVDは、7月8日(水)リリース。

©2015 「ベイブルース~25歳と364日~」製作委員会
発売元・販売元:よしもとアール・アンド・シー

<関連サイト>
映画「ベイブルース ~25歳と364日~」 http://bayblues.jp/
「俳優を辞めようと思ったこともあった」実力派俳優:波岡一喜が赤裸々告白 http://www.entameplex.com/archives/16938