Entame Plex-エンタメプレックス-

サカナクション、映画「バクマン。」の主題歌&映画音楽を手掛けることに


10月3日(土)公開となる佐藤健&神木隆之介主演の映画「バクマン。」の主題歌および映画音楽をサカナクションが担当することが決定した。

今回主題歌となる楽曲のタイトルは「新宝島」。映画からインスパイアされ、「線を描く」がテーマとなっており、「丁寧に描くよ」と歌う歌詞は、音楽家として「モノを作る苦しみ」に深く共鳴したが故に生まれたという。また、タイトルは手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画から付けられた。これは、普段漫画をほとんど読まないサカナクションの山口一郎が今作の音楽を担当するにあたり様々な漫画を研究し、なかでも手塚治虫作品に非常に感銘を受け、この楽曲でバンドとしても新しい地平を目指したいという思いから付けられたという。

サカナクションとしては、映画音楽全般を手掛けるのは今回が初。映画の監督である大根仁きってのオファーとのことで、監督は「映画「バクマン。」の企画が立ち上がったとき、内容よりもキャストよりも真っ先に思いついたのは、サカナクションに音楽を担当してもらうことでした。そしてその直感は、映画が完成した今、まったく間違っていなかった。劇中音楽はもちろん、主題歌も、映画の空気に見事に溶け込み、世界観を作り上げてします。いや、むしろ、サカナクションの楽曲に導かれるように、僕はこの映画「バクマン。」を作ったのかもしれません」と話している。

また、サカナクションの山口一郎も今作について「今回のお話を頂いたとき、大根監督は音楽やカルチャー全般に対する感覚の似た”同じ種族”の方なので、面白いものが作れるんじゃないかなと思いました。劇伴に関してはバンドとしては初めてのトライでしたが、映画全編にわたってずっと音楽を鳴らしたいという大根監督のイメージにしっかりと寄り添える仕上がりになったと思います。主題歌の「新宝島」は書き上げるのにとても苦しみました。1曲を書き上げるのに6か月もかかったのは人生初めてです。なかなか歌詞が書けなかった時、大根監督に「自分の線を引けるようになることが漫画家の一人前の証だ」という話を聞いて、歌詞を書くのも、まず線を引くことから始まるのでミュージシャンとして音楽を作る苦しみを、そのまま漫画家の苦しみに置き換えて曲にできないかなと考えて、今回の曲が出来上がりました。映画の主題歌としても、これからのサカナクションにとっても自信を持ってお送りできる作品に仕上がったと思います」とコメント。

なお、映画「バクマン。」は7月11日より全国の劇場にて放映される予告編映像および映画の最新ポスタービジュアルも解禁となっている。

©2015映画「バクマン。」製作委員会

<関連サイト>
サカナクション http://sakanaction.jp/
「バクマン。」 http://bakuman-movie.com
サカナクション、ハイレゾ配信&アナログ発売を記念し急遽USTREAM放送実施 http://www.entameplex.com/archives/19661